4月外食売上 前年比136.7%、コロナ前との比較では80.5%にとどまる/外食産業市場動向調査【2021年4月】

日本フードサービス協会は5月25日、毎月集計を行っている外食産業市場動向調査の2021年4月度報告を公表しました。

本記事では同調査の最新データをもとに、外食市場の動向をわかりやすく解説します。

関連記事
外食大手30社 月次売上高前年比まとめ【2021年5月版】

外食売上高前年比は136.7%、昨年4月緊急事態宣言の反動で

外食産業市場動向調査のデータをもとに、2021年4月の業態別売上高をグラフにまとめました。

昨年4月に1回目の緊急事態宣言が発令されていた反動影響により、全体で136.7%と売上高が大幅に伸長しています。

外食産業市場動向調査 業態別売上高(前年同月比)【2021年4月】 日本フードサービス協会 データ
▲外食産業市場動向調査 業態別売上高(前年同月比)【2021年4月】:日本フードサービス協会データより編集部作成

特に、昨年4月における落ち込みが最も大きかったパブレストラン/居酒屋、ディナーレストランは、300%程度まで伸びています

ファーストフードの売上には大きな動きがみられませんが、これはテイクアウト・デリバリーへの対応などにより、緊急事態宣言下でも売上を一定程度維持していたことに起因するものです。

前々年比売上高(コロナ前との比較)は全体で80.5%

一方、前々年同月(2019年4月)との比較では80.5%にとどまり、新型コロナウイルス流行以前と比べると回復は遅れているようです。


売上高前年比 [単位:%]
(2020年4月との比較)

売上高前々年比 [単位:%]
(2019年4月との比較)

全体

136.7

80.5

ファーストフード

117.6

99.1

ファミリーレストラン

175.4

69.0

パブレストラン/居酒屋

304.9

26.5

ディナーレストラン

296.4

46.4

喫茶

229.1

68.2

その他

167.7

78.3

特にパブレストラン/居酒屋は前々年比3割にも満たず、厳しい状況が続いています。引き続き金銭的支援や、テイクアウト・デリバリーなど新たな需要への対応を支援する取り組みが必要だといえるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。