宣伝とは|広告・PR・広報それぞれの意味や違いについて整理

宣伝とは、商品やサービスについて、認知を高めると同時に、消費者に好感を抱いてもらうように理解を促す行動です。広告やPRでも、同様の目的で情報が発信されています。

この記事では、宣伝の概要、宣伝で利用できる媒体の特徴、効果的な宣伝を行うためのポイントを紹介します。

関連記事
スーパーバイザー(SV)とは?仕事内容や必要なスキルとは
POSシステムとは?導入のメリットとは

宣伝とは?

宣伝とは、商品やサービスの販売を促進する一環であり、購買意欲を高めるための情報発信です。

市場では、広告、PR、広報の名のもとに、大衆に対して似たような働きかけをしています。

実際には、4つの活動はそれぞれ目的が異なりますが、目的の相違にもかかわらず4つの活動では似た手段を取ることから混同されがちです。

まずは、宣伝、広告、PRの違いについて紹介します。 

宣伝とは?商品やサービスを理解してもらい、行動の変容を期待する

宣伝は”propaganda”(プロパガンダ)の訳語として生まれた言葉です。

プロパガンダとは政治宣伝を意味しており、政治的な主義や主張に対する理解を求めることを指します。一般的な政治家の演説ではなく、政府による国民への刷り込みや大衆操作といった意味合いの強い言葉です。 

マーケティングにおける宣伝とは、商品やサービスを知っていることを前提に特徴や性能や商品が生まれた背景について理解してもらい、消費や参加といった、大衆の行動や態度の変容を期待します。

広告とは?広く知ってもらうための情報発信

広告”advertising”(アドバタイジング)の訳語です。

「広く告知する」という文字のとおり、商品やサービスの認知度を高める活動がその原義です。この点で、認知の先の理解までを求める「宣伝」とはゴールが異なります。 

また宣伝は、対象となる商品やサービス、主義主張をすでに知っている相手に対しても行う意味があります。これに対して広告は、広く知られること、世間一般に認知されることを目指しており、商品やサービスを知らない相手に届いてこそ意味があるととらえられます。 

広告の形態は多種多様になっており、目にする人の行動変容を期待した広告も中には存在し、宣伝との区分はあいまいな部分もあります。

PRとは?情報発信や公開を通じて関係性を高める

PR”public relations”(パブリックリレーションズ)の頭文字です。

パブリックは大衆、リレーションは関係の意味であり、組織と消費者、あるいは組織に関係するあらゆる人々との関係性を構築することを目的としています。

PRにおける情報発信の目的は、関係がより良好になるように、信頼や共感を得ることです。この視点に基づき、事業や商品の公共的価値を理解してもらうことを重視した発信も少なくありません。

広報とは?理解を得るための情報発信

広報は事業内容や商品についての理解を得ることを目的とした情報発信です。中には関係性の向上を目指したPRが含まれたり、行動の変容を期待する宣伝の要素を含む場合もあります。

広報は信頼の獲得や関係性の改善や大衆の行動の変容を第一の目標とはしていません。情報の公開を通じて、情報の受け取り手から理解されることがゴールになります。

広報と宣伝の違いとは?PRとの違いやSNS活用方法と注意点について

企業、商品、サービスの情報を世の中に広めていくには、「広報」や「宣伝」といった活動が必要ですが、広報と宣伝は混同されがちです。「広報」と「宣伝」の違いを知ることで、発信したい情報を的確にターゲットに届けることができます。この記事では、広報と宣伝は何が違うのか、広報の持つ役割について解説します。また、現代の広報、宣伝において大きな力を持つSNSについても触れ、SNSを活用する際のポイントやメリット、注意点などを解説します。広報と宣伝の違い「広報」と「宣伝」違いをそれぞれの意味を確認しながら、...


メディア別宣伝の特徴

宣伝はチラシやパンフレットなどの紙、テレビやラジオなどのメディア、TwitterやInstagramなどのSNSと、さまざまな媒体を用いて行うことができます。

以下では、宣伝方法の特徴について紹介します。

1. 紙媒体を利用した宣伝

紙媒体を利用した宣伝にはチラシやパンフレット、ダイレクトメールなどがあります。紙媒体は物理的に手元に残り、存在感があることや、後日目に留まり思い出してもらえるという特徴があります。

紙媒体でメッセージを届けるにあたっては、まずフォーマットを選ぶうえでは適切な情報量を見極める必要があります。はがきサイズのダイレクトメールよりもチラシ、チラシよりも冊子のパンフレットの方が多くの情報を掲載できますが、一概に情報量が多ければいいとはいえないでしょう。

商品やサービスについて理解してもらうのに十分な情報量を確保しつつ、情報が多すぎて読みにくくなってしまわない程度の情報量におさえる必要があります。 

新聞折込では新聞を購読している層に定期的に届けることができ、ポスティングでは特定エリア内の住民に一斉に届けられるというメリットがあります。

2. SNSでの宣伝

宣伝に活用できるSNSには、たとえばLINE、Twitter、Instagram、Facebookがあります。

SNSを利用した宣伝の特徴は事業者と消費者で双方向的なやりとりができる点です。

宣伝は事業者から消費者への一方的な情報伝達となってしまいがちですが、SNSを利用して消費者からも感想や意見を受け取ることでよりニーズを把握しやすくなります。

商品やサービスの情報を発信するだけでなく、実際に利用している様子を投稿してもらったり、投稿に対する返信で感想や意見をもらったりなど、さまざまな活用方法があります。

3. 新規・独自・速報性重視のニュースメディアでの宣伝

ニュースサイトや新聞では、新規性、独自性のある情報を即時取り扱うのが原則です。宣伝する対象となる事業や商品にこのような特徴が備わっている場合は、その側面をアピールすることで、様々なニュースメディアに取り上げられる可能性があります。

自社のブランドや事業を支える理念と親和性の高いメディアで話題にされれば、それに共感し支持してくれる人々に認知され、生活に取り入れられることが期待できるでしょう。

また地域に根差したサービスである場合にはローカル紙にも働きかけることが大切になってきます。

宣伝する際のポイント

宣伝はある商品やサービス、事業に理解を深めてもらい、実際に手に取ってもらったり参加してもらったりすることを目的としています。

たとえば肉体の老化を防ぐサプリメントを、男子高校生向けに情報発信しても、購入はさほど期待できないでしょう。また、こうした商品をやはり若年層が好むYouTubeやInstagramで宣伝しても、売上につながるとは考えづらいでしょう。

宣伝に取り組む場合には、ターゲットの選定ターゲットに応じた媒体の選択が必要不可欠です。以下では、宣伝を行う際の流れとポイントを紹介します。 

ターゲットの選定

宣伝活動に取り組むうえでは、宣伝する商品やサービスに応じたターゲットを選定する必要があります。まずは商品やサービスに興味を持ってもらえるであろう年代、性別などを分析してアプローチすべき見込み顧客をターゲティングすることが大切です。 

商品のターゲットが若者なのか、シニアなのかなど、ターゲットに応じて適切な宣伝の方法や利用する媒体は異なります。

女性向け、20代向けなどとターゲットの属性を絞り込むことが宣伝の第一歩として重要なステップになるでしょう。 

想定したターゲットに対して媒体を使い分ける

ターゲットの選定後は利用する媒体を決定します。チラシ、テレビ、SNS、Webメディアなど、宣伝する商品やターゲットに応じた媒体を選択します。

それぞれのプラットフォームごとのユーザー層、拡散力、コンテンツとの親和性などを意識したうえでもっとも適した媒体を判断します。商品やサービスの形態、それを必要とする人物像に基づき、必要に応じて複数の媒体での宣伝活動を展開します。 

メディアの利用傾向と新たなフォーマットにキャッチアップし宣伝活動

宣伝は商品やサービスの認知度を高め、見る人の行動を変化させることを目的とした情報やメッセージの発信を意味します。広告やPRと並んで事業者にとって、売上を伸長するうえで必要不可欠な販促活動です。

巣ごもり消費やライフスタイルの多様化で、消費者のメディアとの接触時間は増える傾向にあります。メディアの情報掲載の体裁も日々変化しており、特にウェブ媒体では顕著です。

宣伝活動に取り組む際には、どのチャンネルで何を目的にどのような情報発信をするのか、メディアの変化に注意を払ったうえで計画し取り組むべきでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。