Googleマイビジネスの英語表示|インバウンド集客のための対応方法や注意点

Googleマイビジネスの英語表示|インバウンド集客のための対応方法や注意点

近年のインバウンド需要を鑑み、訪日外国人観光客を集客したいと考える事業者も多いでしょう。

インバウンド集客の方法の一つにGoogle マイビジネスを英語対応にする手法があります。

この記事では、Google マイビジネスの英語対応の方法や注意点についてご紹介します。

Google マイビジネスとは

Google マイビジネスとは、店舗を運営する事業者が自社の店舗情報を登録することができ、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができるWeb上のツールです。

店舗内の写真やメニューなどさまざまな写真を掲載することができ、言葉では伝わらないお店の雰囲気などを伝えることが可能です。

外国人観光客にとって、慣れない場所でのお店選びは不安がつきものです。

そのため店舗の写真を多く掲載することで安心感や信頼性のアップにつながるでしょう。

他にも営業時間や混雑する時間帯など細かな情報が掲載できるので、Google マイビジネスに必要な情報を登録しておけば自然に営業情報を伝えることができます。

【保存版】Googleマイビジネスとは?メリットやローカルSEO対策について解説

Googleマイビジネスに自社の店舗情報を登録すると、店舗の認知拡大や口コミ・ユーザー層の分析など、さまざまな方法で集客効率化へつなげることができます。Googleマイビジネスを運営していく際には、ただ登録するのではなくローカルSEO対策を意識するなど、うまく活用していくことが重要です。この記事では、Googleマイビジネスについて概要から運用方法まで網羅的に紹介します。GoogleマイビジネスとはGoogleマイビジネスとは、Google検索やGoogleマップなど、Google上に無料...

Google マイビジネスの店舗名を英語に設定する手順

Google マイビジネスに登録するには、そのビジネスの拠点が本当に実在しているのかを確かめるため、確認の郵便を受け取る必要があります。

そこに記載されているコードを管理画面へ打ち込むと、Google マイビジネスへの登録が完了になります。

Chromeなどの検索エンジンやGoogleマップなどで、自社を検索します。

Chrome 株式会社mov 渋谷オフィス 検索結果 口コミラボ編集部
▲[Chromeでの「株式会社mov 渋谷オフィス」の検索結果]:口コミラボ編集部

次に「設定」から「言語(Languages)」を選択します。

言語設定の変更 口コミラボ編集部
▲[言語設定の変更]:口コミラボ編集部

「English」を選択し、「保存」をクリックします。

言語設定 English 変更 口コミラボ編集部
▲[言語設定を「English」に変更]:口コミラボ編集部

英語モードに切り替わると、赤枠のメニューが英語表記となります。

Chrome 株式会社mov 渋谷オフィス 英語設定 検索結果 口コミラボ編集部
▲[Chromeでの「株式会社mov 渋谷オフィス」英語設定での検索結果]:口コミラボ編集部

「Edit your business information」または「Suggest an edit」をクリックします。

Chrome 株式会社mov 渋谷オフィス 英語設定 検索結果 ナレッジグラフ 口コミラボ編集部
▲[Chromeでの「株式会社mov 渋谷オフィス」英語設定での検索結果とナレッジグラフ]:口コミラボ編集部

「Change name or other details」をクリックします。

「Add name in English」に英語用の店舗名を記載し、右下の「Send」をクリックします。

編集内容の確認のため、画像の表示がされています。操作は以上となります。

英語表記 店舗名 入力後 Chrome 株式会社mov 渋谷オフィス ナレッジグラフ 口コミラボ編集部
▲[英語表記の店舗名を入力後のChromeでの「株式会社mov 渋谷オフィス」ナレッジグラフ]:口コミラボ編集部

Google マイビジネスを英語設定する理由

なぜGoogle マイビジネスの店舗情報を英語に設定しておく必要があるのか、解説します。

多言語対応は消費行動や安心感につながる

海外旅行をしたことがある人なら、知らない土地で知らない言葉を駆使して旅行やサービス・商品を購入することがいかに大変かを経験したことがあるでしょう。

それは訪日外国人観光客も同じで、特に日本語は英語を母国語とする外国人には何を書いているのか推測することも難しいでしょう。

それによって商品やサービスの購入がされず、機会損失につながる恐れがあります

一部の大都市圏や有名観光地などでは、英語をはじめとした多言語表記が行われていますが、導入がされていない場所も多いのが現状です。

しかし逆に言えば、英語などの多言語表記を積極的に取り入れるだけで、他の店舗と差別化をはかることができます。

特に外国人観光客の多くは、観光先の情報を事前にインターネットで調べることが多いので、そこで情報が優先的に伝わるように多言語対応をいておくことは集客に大きな効果が期待できます。

Web上での正確な情報発信の強化

実店舗内での多言語化を進めることだけでなく、オンライン上でも多言語対応を進めることが、外国人観光客誘致のカギとなります。

Googleの自動翻訳の場合、誤訳が多く意味が通じない情報となってしまうことが多くあります。

また誤訳の中でも特に多いのが店舗名会社名です。

さらに実際に指定された住所に行っても、建物を発見できないなどのトラブルにつながる可能性もあります。

自動翻訳を利用することは悪いことではありませんが、使用後はなるべくチェックを行い、とくに重要な住所や店舗名の表記にミスがないかを確認することも大切です。

Google マイビジネスを英語対応し訪日外国人の集客を

外国人観光客の集客を行うためには、オンラインでの情報提供が重要です。

特にGoogle マイビジネスは、検索ページやGoogleマップとの連動もしていることからGoogle マイビジネスを活用し情報発信することは集客に有効な手段だといえます。

Google マイビジネスは施設の基本情報に加え、口コミやアクセスの管理もできるので、経営のマーケティングツールとしての活用も可能です。

Google マイビジネスを活用し外国人観光客にも使ってもらうには、英語対応を正しく行い、意味が正しく伝わるように常にメンテナンスしておくことが大切です。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。