関西スターリゾートが新型コロナウィルスの影響を受け倒産

大阪国際ホテルを運営する管理会社

2020年3月26日、帝国データバンクは、関西スターリゾート株式会社が、自己破産申請の準備に入ったと発表しました。

2019年11月に設立したホテル運営会社ですが、担当していた「大阪国際交流センターホテル」は、数か月しか運営できなかったことになります。

昨年末からホテルを運営していたが、同じ時期に流行しだした新型コロナウィルスの影響により、外国人観光客が著しく減少しました。

同ホテルは、大阪市が所有する「大阪国際交流センター」に隣接するもので、客室数50室、および100人を収容できるレストランもあります。

利用者は、主にセンターの利用者で、出張目的の日本人が約6割、観光などの外国人が約4割となっており、外国人の利用客が減ったことによる影響が大きいと考えられます。

新型コロナウィルスの影響はどこまで拡大するか

外国人観光客が減少したことに加え、予定されていたイベントが新型コロナウィルス感染防止のために中止となったため、日本人の利用者も減少しています。

これにより稼働率は通常の1割に落ち込み、年収約2億円が実現できないばかりか、固定費がかさんだことにより資金繰りも悪化したため、事業継続を断念することとなりました。

今後は、同様の倒産が相次ぐものと予想され、国内景気の低下が懸念されます。

▼外部リンク

株式会社東京商工リサーチ
http://www.tsr-net.co.jp/news/tsr/20200327_01.html

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。