ステルスマーケティングとは、消費者が企業によるPRだと判別できないような形で、商品の宣伝や口コミ投稿などを行うことを指します。「ステマ」と略して呼ばれたり、「ヤラセ行為」「サクラ行為」と呼ばれたりすることもあります。

手法としては、一般の消費者を装って口コミの投稿・評価を行う場合や、インフルエンサーなどとの金銭授受を隠して宣伝させる場合があります。

現時点ではステルスマーケティング自体を規制する法律はありませんが、実際の商品より品質が高いように見せたり、競合と比較して著しく優良であるように誤解させたりといった宣伝を行うと、景品表示法に反する可能性があります。

さらにステルスマーケティングは、消費者がいろいろな商品の良さを見比べ、判断することを妨げます。

PRであることを隠し、騙すような行為は消費者にとって決して気持ちの良いものではないため、ステルスマーケティングを行ったことが明らかとなれば、Web上やSNSなどでの「炎上」を招き、商品や企業のブランドイメージを大きく傷つけます。

自社製品をPRする前に、何がステルスマーケティングに当たるのかを調査し、広告表示などについて社内で規定しておく必要があるでしょう。

<関連記事>


口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に
 

役にたったら
いいね!してください