今、消費者が「お金をかけるのを我慢しているもの」1位は「旅行」

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

マイボイスコムが実施した第9回『消費意識』に関するアンケート調査によると、1年前と比べて生活全体の支出が増加した人が5割に上るなど、支出の増加傾向が続いていることが明らかになりました。

一方、今年お金をかけるのを我慢しているものとして「旅行、レジャー」「外食、グルメ」がラインナップしています。

5割が「生活全体の支出が増えた」

マイボイスコムが実施した最新の調査によれば、1年前と比べて生活全体の支出が増えた人が5割に上るなど増加傾向が続いていることが分かりました。

▲1年前と比べた、生活全体の支出額の変化:マイボイスコム株式会社より

▲1年前と比べた、生活全体の支出額の変化:マイボイスコム株式会社より

食品・飲料にお金をかける人が増加

支出の傾向を探ると、1年前と比べて「食品や飲料」にお金をかけている人が3割弱いることが明らかになりました。

「旅行、レジャー」「外食、グルメ」は2割前後で、2021年の調査ではこの項目が減少していたにもかかわらず、その後再び増加傾向に転じています。

▲1年前と比べてお金をかけていること:マイボイスコム株式会社より
▲1年前と比べてお金をかけていること:マイボイスコム株式会社より

我慢している支出項目:旅行と外食が上位に

一方で、6割強の人々が何らかの支出を我慢しており、なかでも「旅行、レジャー」が30.2%、「外食、グルメ」が20.0%で上位にランクインしています。

これらの項目は2021年の調査では増加傾向にあったものの、その後減少していることが明らかになりました。

購買意欲の将来展望:10代~30代で高くなる傾向

将来の購買意欲についての調査では、「購買意欲が高くなる」と予想している人が1割強いる一方、購買意欲が低くなると考えている人が2割強いることが分かりました。

とくに10代から30代の若い世代では購買意欲が高くなる傾向が見られ、その理由のひとつとしてコロナの影響が薄れ、開放感が増すことが挙げられています。

一方で、円安や物価上昇などに対する懸念から、購買意欲が低くなる人も2割強いることが示されています。

<参照>

マイボイスコム株式会社:【 消費意識 】に関するアンケート調査(第9回)

口コミラボ 最新版MEOまとめ

【24年6月版 Googleマップ・MEOまとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年5月〜6月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Google口コミの「ステマ」に措置命令 / Googleビジネスプロフィール 開業前登録に要注意【2024年6月版 Googleマップ・MEOまとめ】

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。