ヤフー、年間で「1億3,000万件」の広告素材を非承認に 広告品質向上の取り組み

口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

ヤフーは6月13日、2022年度の「広告サービス品質に関する透明性レポート」を公開し、約1億3千万件の広告素材を非承認としたことを発表しました。

入稿数が増えるなかで、違反表現や消費者トラブルが多い業種への対策を強化し、広告品質向上を目指しています。

店舗集客のアイデアが毎日届く!口コミラボのメルマガに登録する


ヤフー、非承認となった広告の割合が減少

ヤフーは6月13日、2022年度の「広告サービス品質に関する透明性レポート」を公開しました。このレポートでは、ユーザーや広告主などが安心して利用できるプラットフォームを目指すための審査実績や取り組みが報告されています。

2022年度は、ヤフーが定めた基準に抵触する素材として、約1億3千万件の広告素材を非承認にしました。2021年度と比べると広告の非承認数に大きな増減はありませんが、入稿数自体は増えているため、非承認となった広告の割合が減少しています。

広告素材の審査には広告の内容が法令や広告主の各業界の基準に準じているか、そしてユーザーにとって有益な広告になっているのかといった観点で審査しているとのこと。

▲広告非承認数:Yahoo!プレスリリースより

広告掲載基準

透明性レポートでは、実際に広告掲載基準が紹介されていました。審査基準のひとつである「ユーザーの利便性のための基準」においては、以下のような場合は非承認となるようです。

  • 広告の主体者の明示:広告主の主体者情報が不正確もしくは画像形式で表示
  • 広告の関連性について:検索キーワードと関連する情報が不十分なクリエイティブなど
  • 広告の有用性について:広告主による独自のコンテンツが乏しいものなど
  • 広告で使用される言語:日本語もしくは英語以外の言語使用
  • 重複掲載の禁止:同一ページに同じ広告が重複
  • 年齢の指定ができる広告商品:アルコール飲料が表示されているなど未成年向けの広告
  • ユーザーに迷惑となる広告:OS やブラウザの機能と誤認するものなど
  • ユーザーの意に反する広告:作成中など通常の環境で表示することができないものなど

ほかにも業種や商品ごとに掲載基準があると公表しています。ヤフーは審査基準を定期的に見直し、改善するなどの取り組みなどにより、広告品質を高めています。

これらの取り組みは、ヤフーの「情報技術のチカラで、日本をもっと便利に。」というミッション達成のため、安心して活用できるプラットフォームを目指すものといえるでしょう。

広告品質向上のための取り組み

ヤフーは、広告品質向上のためにさまざまな取り組みをおこなっています。その一例として、以下のようなものがあります。

広告アカウント自体の停止

▲アカウント非承認数:Yahoo!プレスリリースより

広告素材だけでなく、アカウント自体を停止することもあるとしています。ターゲットとなるのは違反表現を繰り返すアカウントや大量の非承認広告を入稿するアカウント。

2022年度下半期には3,824件のアカウントを非承認とするなど、広告品質の向上に取り組んでいます。

暮らしのレスキューサービスの本人確認強化

暮らしのレスキューサービスとは、水漏れやトイレ故障などの緊急時に駆けつけて解決してくれるサービスのことです。

近年、消費者が解決を急ぐあまり、費用や作業内容を十分に確認しないまま契約してしまい、高額請求されるなどのトラブルになるケースがあります。

政府が注意を呼びかけており、ヤフーは悪徳業者への対策として暮らしのレスキューサービスに関する広告を出稿している一部の事業者を対象に本人確認を強化しています。

特設サイトや透明性レポートによる情報開示

透明化法に基づき情報を開示する特設サイトや透明性レポートによって対策状況を提供しています。透明化法とは、「デジタルプラットフォーム取引透明化法」のことで、ヤフーのようなデジタルプラットフォーム提供者と利用者が公正な取引をおこなうためのものです。

ヤフーは広告の審査基準や対策状況などを報告することで、広告主の理解促進に役立つとしています。

<参照>

Yahoo! JAPAN:ヤフー、2022年度は約1億3千万件の広告素材を非承認に
政府広報オンライン:水漏れ、解錠、トイレ修理…緊急時の駆け付けサービスのトラブルにご注意! | 暮らしに役立つ情報 | 政府広報オンライン
経済産業省:デジタルプラットフォーム (METI/経済産業省)
Yahoo! JAPAN:広告掲載基準

口コミラボ 最新セミナー紹介&最新版MEOまとめ

口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

今、Web施策として注目されている「Googleマップ」や「口コミ」

これらをマーケティングに活用するために知っておくべき情報や、話題のニュースに関連した最新情報をお届けするトークシリーズ「口コミコム トレンドLIVE!」の第二弾!

第二弾となる今回は…

  • ローカル検索対策の最前線TIPS
  • エキスパートが語る、Googleマップの注目問題
  • Google・口コミ関連最新トレンドニュース 2024年6月版

など、今話題となっているGoogle口コミのあるべき姿や、施設運営者としての口コミへの向き合い方についてお伝えします。

登壇するのは、口コミコム のアドバイザーであり、Googleのダイアモンドプロダクトエキスパートとしても活動中の永山卓也氏。Googleマップや口コミ対応などに詳しい永山氏から、最新のニュースやマーケティングノウハウについてわかりやすく解説いただきます!

詳しくはこちらをご覧ください。
口コミコム トレンドLIVE! Vol.2 〜Google、口コミなどのマーケティング最新情報をお届け〜

【24年5月版 Googleマップ・MEO最新情報まとめ】

MEOに関わるサービス「Googleマップ」「Googleビジネスプロフィール」や、各種地図アプリ・口コミサイトは日々更新を続けており、その全容を把握するのは難しくなっています。

そこで口コミラボでは、MEO・口コミマーケティングに役立つ最新ニュースをまとめた「Googleマップ・MEO最新情報まとめ」を毎月発行しています。

本記事では、2024年4月〜5月の情報をまとめたレポートのダイジェストをお届けします。

※ここでの「MEO」とは、Google上の店舗・施設情報の露出回数を増やしたり、来店行動につなげたりすることで、Google経由の集客を最大化させる施策を指します。
※『口コミアカデミー 』にご登録いただくと、レポートの全容を無料でご確認いただけます。

詳しくはこちらをご覧ください。
Googleビジネスプロフィール「チャット機能(メッセージ)」終了、7月末で / ビジネス情報の停止報告相次ぐ、「非店舗型」ビジネスでは要注意【2024年5月版 Googleマップ・MEOまとめ】


口コミアカデミー 0円すべて無料 口コミサイトの運営やノウハウが学べる、店長限定の無料のオンラインスクール

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。