西武渋谷、百貨店初の「OMOストア」を9月にオープン/そもそもOMOとは?

株式会社そごう・西武は4月6日、西武渋谷店に「メディア型OMOストア」を出店する計画を発表しました。オープン時期は2021年9月を予定しています。

この「メディア型OMOストア」とはどのような店舗なのでしょうか。

また、そもそも「OMO」とは何を指しているのでしょうか。解説します。

関連記事
小売業のデジタルトランスフォーメーション/OMOとは

西武渋谷、9月に「メディア型OMOストア」オープン。百貨店業界では初の試み

2021年9月、西武渋谷店にメディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」がオープンします。

▲メディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」イメージ:株式会社そごう・西武プレスリリースより
▲メディア型OMOストア「CHOOSEBASE SHIBUYA(チューズベース シブヤ)」イメージ:株式会社そごう・西武プレスリリースより

西武渋谷店パーキング館1階をフルリニューアルして展開されるこの店舗は、ミレニアル世代(2000年以降に成人を迎えた世代)やZ世代(1990年後半〜2012年頃に生まれた世代)といった若い世代をターゲットにしています。

このメディア型OMOストアの展開は、百貨店業界では初の試みだということです。

そもそもOMOとは?

OMOとは、Online Merges with Offlineの略で、オンラインとオフラインが融合した状態のことを指します。

コロナ禍の外出自粛などを要因としてEC利用が増加していることから、店頭とECの情報を連携させる取り組みは、実店舗における生き残りのカギとなっています。

OMOストアは、株式会社そごう・西武のリリースによれば「店頭とECで顧客・商品・在庫情報が統一されたストア形態」のことで、オンラインで購入した商品を店頭で受け取れるなど、ユーザーエクスペリエンスの向上が期待されます。

西武渋谷のOMOストアでは、店頭とECがどのように融合する?

店頭では、店内専用のWebカタログを用いて、スマートフォンから気に入った商品をカートに追加したり、お気に入りに登録したり、決済したりできます。これにより、買い物が非接触で完結します。

また、決済は完全キャッシュレスとなっています。さらに決済後には自宅配送も可能で、多様なニーズに合わせた受け渡し手段が用意されています。

一方ECでは、店頭で販売しているすべての商品を購入でき、一部商品をのぞいて店頭とECサイトの在庫情報はタイムラグなしで完全に連携されています。

ECサイトで注文した商品を店頭で受け取れるサービスBOPIS(Buy Online Pick-up In Store)にも対応しています。

出店者の業務負担も軽減

「CHOOSEBASE SHIBUYA」に出店したブランド側の業務は、販売商品のシステム登録と商品配送のみとなっており、販促や在庫・売上管理などは株式会社そごう・西武が代行します。

店内業務オペレーションも最新のデジタルツールを活用することで効率化されており、業務負担は大きく軽減されているといいます。

さらにECサイトの訪問・購買データや、店頭のAIカメラによる動画データやWebカタログのデータなどを収集・解析することより、購買動向を把握し、マーケティングに活用できるということです。

【口コミを売上に変える!】最新セミナー&レポートのご紹介

口コミラボでは、集客・Webマーケティングに課題を抱える店舗のご担当者様向けに

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

Googleビジネスプロフィール&MEO、1時間で"ゼロ"から攻略!


Googleマップ上の店舗・施設情報を管理するツール「Googleビジネスプロフィール」や、Googleビジネスプロフィールなどを用いて店舗・施設情報を最適化する施策「MEO」について、

「よく知らない」
「ゼロから教えてほしい」

という方向けに、セミナーを実施いたします!日程は9月28日(水)15時〜16時です。

セミナーに申し込む(無料)

“ここでしか学べない“Googleビジネスプロフィールの最新ノウハウを無料で提供中!

仕込みの合間に通うお店の学校「口コミアカデミー」では、GoogleマップGoogleビジネスプロフィールの教科書を無料で公開いたしました!

Googleビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleから公式に認められている永山氏監修のもと作成した、“ここでしか学べない“内容となっております。

飲食店・観光施設・小売店・宿泊施設などの店長や店舗マーケター向けに、最新のWeb集客手法を【無料】でご提供いたします。

「Googleマップの教科書」を見てみる

【最新】Googleマップ・ビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年7月版】」です。

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

ネガティブな口コミへの対処法


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】

Googleビジネスプロフィールの「インサイト」活用マニュアル


Googleビジネスプロフィールの「インサイト」は、Googleのローカル(地域)検索で「検索者がどれくらい見ているか」「どれくらい行動に移したか」など、ここでしか見られない情報が集まっている解析データです。

そんな「インサイト」を活用するためのマニュアルを作成しました!

Googleビジネスプロフィールのインサイトについて知る【資料DL】

<参考>
PRTIMES:D2Cブランドと共創で取り組むデジタル基軸の新業態/西武渋谷店にメディア型OMOストアを出店

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。