nanacoポイントが貯まるカードの種類は?カードの使い方や店舗導入の方法を解説

nanaco(ナナコ)とは、カードやモバイル端末などにチャージして利用できる電子マネーの一種です。

セブン-イレブンやイトーヨーカドーといったセブン&アイ・ホールディングスの関連店舗をはじめとする全国70万軒以上の店舗で利用できます。

nanacoは、プリペイド式のnanacoカードや、おサイフケータイに対応しているモバイル端末、またはクレジットカードとnanacoが一体になったセブンカード・プラスのいずれかにチャージすると、決済方法として利用できます。

店舗がnanacoを決済方法として取り入れることで、レジでの業務効率化や集客力の向上といったメリットが期待できます。

本記事では、電子マネーnanacoの概要や、nanacoポイントを貯められる「nanacoカード」の使い方、そしてnanacoを店舗に導入する方法を紹介します。

関連記事
nanacoポイントとは?
nanacoポイントを店舗が活用するには?

電子マネーnanacoとは

電子マネーnanacoは、プリペイド式のカード、スマートフォンなどのモバイル端末やクレジットカード一体型のカードに入金して使える電子マネーです。

この項目では、電子マネーnanacoの概要や、nanacoの種類を紹介します。

nanacoとは

nanacoは電子マネーの一種で、カードやモバイル端末に入金して支払いを行えます。

nanacoで支払いをすると、200円ごとに「nanacoポイント」が1ポイント貯まる仕組みで、たまったポイントは電子マネーやANAのマイレージなどに交換して使えます。

nanacoポイントを利用できる店舗は全国に70万軒以上あり、セブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめ、西武・そごうやLoft(ロフト)などさまざまな店舗での買い物でポイントを貯められます。

nanacoの種類は主に3つ

nanacoを利用できる媒体の種類は、「nanacoカード」「nanacoモバイル」「セブンカード・プラス」の3つに分けられます。

「nanacoカード」では、カードにお金を入金して支払いやポイントの利用ができます。

「nanacoモバイル」は、おサイフケータイの機能が使えるスマートフォンで利用できるアプリです。スマートフォンにアプリをダウンロードし、クレジットカードからアプリに入金して使います。決済時は、レジにある電子決済用の端末にスマートフォンをかざすことで支払いが完了します。

「セブンカード・プラス」は、nanacoとクレジットカードが一緒になったカードです。nanacoとクレジットカードのどちらの決済方法でもポイントを貯められます。

nanacoポイントが貯まるnanacoカード

プリペイド式の電子マネー「nanacoカード」を利用することで、小銭を出す手間を省いて支払え、ポイントを手軽に貯められるようになります。

この項目では、nanacoカードの概要や、nanacoカードの使い方、そして消費者がnanacoカードを利用するメリットを紹介します。

nanacoカードとは

nanacoカードは、お金をチャージして利用できるプリペイド式のカードです。残高が足りなくなったらカードにお金を入金して再利用できるため、決済の手軽さと残金を管理しやすいことが特徴です。

nanacoカードはセブン&アイ・ホールディングス傘下のセブン・カードサービスにより発行されており、nanacoカードはセブン-イレブンをはじめ、イトーヨーカドー、西武・そごう、Loft(ロフト)などの店舗で発行できます。

セブン・フィナンシャルサービスの公式サイトによると、2020年2月期実績でのnanacoによる決済件数は21億件以上とされており、これは国内最大規模の件数にあたるとされています。

同サイトによると2020年2月末での発行枚数も6,905万枚を記録しており、この数は日本の人口の半分以上にあたります。

nanacoカードの使い方

nanacoカードを使うには、nanacoが利用できる媒体の発行、入金の2つの準備が必要です。

nanacoカードを利用するためにはまず、「nanacoカード」を発行する必要があります。ほかにもnanacoを利用できる媒体として、アプリの「nanacoモバイル」「セブンカード・プラス」があります。

ただし、nanacoを決済に使うには、nanacoカードなどの媒体に現金またはクレジットカードで入金しておく必要があります。

現金で入金するには、nanaco加盟店のレジや、コンビニエンスストア等にあるセブン銀行ATM、チャージ機を利用します。クレジットカードで入金する場合、残高があらかじめ指定した金額を下回った場合に自動入金する「オートチャージ」か、都度ごとに入金する「クレジットチャージ」の方法があります。

消費者がnanacoカードを利用するメリット

消費者がnanacoカードを利用する主なメリットは、支払い時の手間が省けること、利用できる店舗が多いことの2点です。

プリペイド式のnanacoカードを利用する場合、入金を行った後はスーパーやコンビニなどのレジでカードをかざすだけで決済が完了できます。

暗証番号が必要なクレジットカードや、小銭を出す手間がある現金に比べ、nanacoカードはかざすだけで支払いが完了するため利用しやすい決済方法と言えます。

加えて、nanacoカードはセブン-イレブンをはじめ、イトーヨーカドーなど全国規模の店舗で利用できます。決済方法として利用しやすく、ポイントも手軽に貯められる点が特徴といえます。

店舗がnanacoを導入するには

nanacoを店舗で利用できるようにするには、加盟店の申請をするか、モバイル決済用の端末を取り入れるかのどちらかを実行する必要があります。

この項目では、nanacoを店舗で導入する方法や、nanacoポイントの加盟店手数料、そしてnanacoを導入するメリットを紹介します。

nanacoポイントを導入する方法

店舗にnanacoポイントを導入する方法は、nanaco電子マネー加盟店の申請を行うか、モバイル決済端末を導入するかの2つに分かれます。

2020年11月現在、nanaco電子マネー加盟店の申請については、nanacoの「カードアシストデスク」という電話窓口で問い合わせが可能です。なお、問合せ番号はnanaco公式サイトの上部にある「法人のお客様」メニュー内の「nanaco加盟店募集」ページで確認できます。

もう一つの導入方法で利用される「モバイル決済端末」とは、1台の端末でnanaco以外の電子マネーやクレジットカードでの決済を行える端末です。モバイル決済端末の場合は1台で複数の決済方法に対応できるため、決済方法を増やすことを検討している店舗に向いています。

nanacoポイントの加盟店手数料は

nanaco電子マネー加盟店になった場合、nanacoを介して行われた決済について加盟店手数料がかかります。

手数料についての具体的な金額や割合は公開されていませんが、「nanaco加盟店規約」を参照すると、nanacoの加盟店はユーシーカードの定める手数料を支払うものと記されています。

なお、nanacoを介して立てられた売り上げは手数料が差し引かれた後に加盟店の金融機関口座に振り込まれる仕組みのため、手数料の別途支払いを行う必要はありません。

店舗がnanacoを導入するメリット

店舗がnanacoを導入する主なメリットは、集客力の向上、レジの業務効率化の2点です。

既にnanacoポイントを活用している顧客は、できるだけnanacoポイントが貯まる店舗を利用しようとすることが見込まれます。そして、近年ではQRコード決済や電子マネーといった、現金を用いない決済方法が浸透しつつあります。

これまで現金やクレジットカードのみの決済方法を受け付けていた店舗もnanacoを導入することで、電子決済を利用する層の集客向上や、レジでの接客の効率化に期待できます。

関連記事
キャッシュレス決済とは?
キャッシュレス未対応で来店をやめた人は30%以上

nanacoカードで決済がスムーズに

「nanaco」は、セブン-イレブンやイトーヨーカドーをはじめとする全国の店舗で活用されている電子決済の手段です。

nanacoは現金やクレジットカードと異なり、nanacoカードなどの端末を機械かざすだけで決済が完了します。そのため、nanacoを店舗に導入することで、支払い時の手間が省けるというメリットがあります。

また、nanacoを利用できる店舗で決済をすると消費者はポイントを貯められるため、集客力の向上という点にも期待が持てるでしょう。

セブン・フィナンシャルサービスの公式サイトによると、2020年2月期実績でのnanaco決済件数は21億5,756万件とされており、nanacoは国内最大級のユーザーを抱える決済方法です。nanacoを店舗に導入することで、これまで店舗に訪れたことがない客層を呼び込む機会が生まれるでしょう。

【口コミを売上に変える!】最新レポートのご紹介

口コミラボ運営会社の株式会社movでは、コロナ禍の影響もあり集客に課題を抱える店舗のご担当者様向けに、

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

【最新】Googleマップ・ビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年6月版】」です。

  • Google口コミが削除されやすくなった?→Google公式が基準を公開
  • よくある質問:新しいビジネス(店舗・施設情報)の作成ができない ほか

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

ネガティブな口コミへの対処法


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】

2022年7月、Googleマイビジネスアプリ終了。やるべきことは?


Googleマイビジネスのアプリが使えなくなったことを知っていましたか?Googleは2022年7月、スマートフォン向けGoogleマイビジネスアプリを終了しました。

そこで今回、「Googleビジネスプロフィールをスマートフォンで使いやすくする」ためのマニュアルを作成しました。

無料でダウンロードできますので、ぜひご利用ください。

Googleマイビジネスアプリ終了に対応する【資料DL】

なお、GoogleビジネスプロフィールGoogleマップからも編集できるようになっています。

さらに便利になっていくGoogleビジネスプロフィールの最新管理方法を知りたい方は、こちらからダウンロードできます。

Googleマップアプリの管理画面を知る【資料DL】

<参照>
電子マネー nanaco 【公式サイト】:nanaco支払いでためる
電子マネー nanaco 【公式サイト】:ポイントを使う
電子マネー nanaco 【公式サイト】:nanacoとは
電子マネー nanaco 【公式サイト】:nanaco加盟店募集
クレジットカード審査のチカラ:nanaco(ナナコ)カードとは?ポイントは貯まる?使い方やメリットなど完全網羅 
セブン・フィナンシャルサービス数字で見るセブン・フィナンシャルサービス
nanacoカードマスター:nanacoカード(ナナコ)を利用するメリットと気になるデメリットを徹底解説|ナナコカードは活用する価値ある電子マネー!  
まねーぶ:「nanaco(ナナコ)」の特徴やメリットを徹底解説
ピピッとチョイス:nanacoをお店で使えるようにするには?電子マネー決済で集客・売上up!
株式会社セブン・カードサービス沿革
流通ニュース:nanaco/2019年度に会員数6700万会員、年間決済件数25億件を目標に

関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。