マクドナルド、M・Lポテト休止でも売上2.4%増 好調のワケは

マクドナルドの12月の既存店売上は、前年比2.4%増でした。

12月24日から30日までの間、「マックフライポテト」のM、Lサイズの販売を一時販売中止するというトラブルがありながらも、売上を増加させました。

※1月7日16:00追記
日本マクドナルドは「マックフライポテト」のMサイズとLサイズの販売を再び一時休止することがわかりました。(参照:FNNプライムオンライン

マクドナルド、12月売上2.4%増

マクドナルドは、12月の既存店売上が昨年に比べて2.4%増加したと発表しました。

ジャガイモの輸送拠点のバンクーバーが水害で被害を受けたため、12月下旬にフライドポテトのM、Lサイズの販売を一時中止しましたが、影響は限定的だったようです。

12月30日には空輸などでジャガイモを確保し、通常販売を再開しました。

通年では9.7%増、テイクアウト・ディナー帯好調

マクドナルドの21年度の売上は、20年と比べて9.7%増加しました。4半期ごとの既存店売上高はこのようになっています。

  • 1~3月期:9.0%増
  • 4~6月期:9.6%増
  • 7~9月期:13.2%増
  • 10~12月期:6.9%増

緊急事態宣言などの発令下で多くの飲食店が時短営業を行う中、マクドナルドはデリバリーテイクアウトでの営業を続けており、ディナー帯の売上が伸びました。感染が最も拡大した7~9月期に最も売上を伸ばしており、テイクアウト需要が全体の売上を押し上げたことがわかります。さらにオリンピック開催でのテイクアウト需要が増大したことも、夏場の売上増加の要因として考えられます。

またディナー帯の売り上げも好調です。2020年2月以降、充実を図ってきた「夜マック」が浸透しつつあるようです。

マクドナルドは2020年7月以降、18か月連続で前年同月を越える売上となっており、躍進が続いています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>
マクドナルド:沿革・歴史
日本経済新聞:マクドナルド、売上高9.7%増 21年の既存店
読売新聞オンライン:マクドナルド、4都府県で午後8時以降の店内飲食を中止へ…持ち帰りや宅配などで対応
ダイヤモンド・チェーンストアオンライン:マクドナルド、21年の既存店売上高は9.7%増、ドライブスルーなど好調

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。