ワクチン接種証明ついに電子化 マイナンバーカードとスマホ利用/12月申請受付を予定

コロナ禍を経て生活が元通りになりつつあるなか、だんだんと接種証明書の発行システムをリリースする官公庁・企業が現れ始めています。これまで東京都や民間企業による証明書発行システムが発表され、それぞれ話題になりましたが、今回は国による電子証明書の発行が発表されました。

関連記事
10万人が登録「TOKYOワクション」、”接種済”QRコード使い入場制御ほか ワクチンパスポート7種まとめ

国によるワクチンの接種証明、電子版を発行 12月から申請開始予定

政府は11月18日、マイナンバーカードとスマホを利用した電子版新型コロナワクチン接種証明書が発行可能になることを、首相官邸のTwitterアカウントにて発表しました。

首相官邸による新型コロナワクチン接種証明に関する情報公開:Twitter
▲首相官邸による新型コロナワクチン接種証明に関する情報公開:Twitter

申請受付開始は12月ごろから、証明書の交付は申請からおよそ1か月(自治体による)です。具体的な日時は後日改めて周知されます。

電子版ワクチンパスポートはこれまで、東京都主導の「TOKYOワクション」や、民間企業が提供する「ワクパス」などがリリースされています。国が主導のワクチンパスポートは初であり、日常生活の回復に向けての社会の期待も大きいでしょう。

接種証明書の発行に必要なものはマイナンバーカードと、マイナンバーカードを読み取れるスマートフォンです。申請と取得は専用アプリを通して行います。

「ワクパス」コード読み取りで活用、運用見据えた顔認証システムも

政府主導のワクチンパスポートは、紙の証明書と同様に目視確認ができるほか、二次元コードの読み取りによる確認も可能です。二次元コードには電子署名が含まれており、偽造防止効果も期待できます。

このようなセキュリティを意識した証明書として、ダイワ通信株式会社の顔認証システム「Face Four Pass(フェイスフォーパス)」も11月12日にリリースされています。

Face Four Passサービスイメージ
▲Face Four Passサービスイメージ:プレスリリース

同サービスは顔認証システムを活用したワクチンパスポート機能のほか、マスク着用でも利用可能な検温や出退勤管理、ライブビュー機能を通した防犯カメラ機能なども提供します。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>
Twitter:首相官邸
ITmedia:コロナワクチンの接種証明、マイナンバーカードとスマホで電子化 12月から開始:国内外で使用可
PR TIMES:国内初、ワクチンパスポート連携AI顔認証端末 Face Four Passをリリース


関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。