ローソン・マチカフェ「タンブラー利用」販売数が2.5倍に プラごみ削減に向けキャンペーン

株式会社ローソンは、プラスチック使用量削減の一環で実施したタンブラー持参推進キャンペーンにより、リッド(フタ)の使用量が約0.7トン減少し、コーヒーの販売数は約2.5倍に増加したことを発表しました。

関連記事
SDGsとは/持続可能な開発目標の概要・現状・飲食店ができることを整理
マクドナルド、ハッピーセットのプラ削減 SDGsの一環で
エシカル消費とは?「人・社会・地域・環境」に配慮する商品が売れる。企業にとってのメリットも解説

タンブラー持参でコーヒー39円割引、プラごみ削減に向けた社内アイデア

7月20日~8月30日までの期間中、全国約7,500店舗のローソン(セルフマシン店舗は対象外)で、タンブラーを持参すると「マチカフェ」のコーヒー・カフェラテ(ホット・アイス、メガサイズは対象外)が39円引きになるキャンペーンが行われました。

この結果、期間中のリッド使用量を0.7トン削減、さらにタンブラーを使用したコーヒーの販売数は約2.5倍に増加しました。

このキャンペーンは、プラスチップ削減のために社内のアイデアから実現したものであり、利用客からは「日頃からマイボトルを持参しているので嬉しい」、「プラスチックごみが気になるのでタンブラーを利用したい」などといった反応があったといいます。

マチカフェ導入時から環境に配慮した取り組みを実施

ローソンでは、2011年の「マチカフェ」導入時から、容器持参で10円引きとなる取り組みを実施してきました。これは、コンビニエンスストアではローソン独自の取り組みとなります。

また、コーヒー豆も環境保全と労働環境に配慮した農園の豆を使用しています。

現在はおでんの容器持参で39円割引を実施中

タンブラー持参キャンペーンは終了しましたが、9月14日から東京都・埼玉県・千葉県のローソン約30店舗にて、蓋つき容器持参でおでん5個購入ごとに39円引きとなる「おでん鍋割セール」を実施しています。

ローソンは今後も地球環境に配慮した商品の発売や取り組みを実施する予定です。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


<参照>
ローソン:「MACHI café」タンブラー持参推進キャンペーンにより 期間中のタンブラー利用が約2.5倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。