家飲みに4割が「飽きた」解決策は?「おうちキャンプ」「ベランピング」体験は1割強だが満足率たかく

全体の40.0%が家飲みに「飽きた」と回答

株式会社カクヤスが6月10日から6月14日にかけて、カクヤスメールマガジンに登録しているユーザー(回収サンプル数:1,137)を対象に「おうちキャンプ」についてアンケート調査を実施、その結果を7月5日に発表しました。

新型コロナウイルスの影響で外食の自粛などが続いており、家飲みをせざるを得ない状況が続いていますが、コロナ禍における家飲みに対する本音などはどうなっているのでしょうか。

同調査において、『家飲みをせざるを得ない状況が続いていますが、家飲みに飽きましたか。』と質問したところ、「大いに飽きた」との回答が全体の15.8%、「どちらかといえば飽きた」が24.2%となり、「飽きた」の割合が全体の40.0%を占めていることが分かりました。

▲「おうちキャンプ」についてのアンケート調査・アンケート結果のグラフ画像:株式会社カクヤス
▲「おうちキャンプ」についてのアンケート調査・アンケート結果のグラフ画像:株式会社カクヤス

「おうちキャンプ」や「ベランピング」1割が実行、満足率たかく

上記の質問で「飽きた」と回答した人に、『家飲みに飽きたと答えた方、家飲みのどんな点に飽きましたか。』と質問すると、「雰囲気が変わらないこと」と349人が回答して1番多くなり、「一人で、または同じメンバーで飲むこと」が214人、「料理のバリエーションが少ないこと」が206人などと続いています。

『「おうちキャンプ」や「ベランピング」という言葉を聞いたことがありますか。』との質問では、「聞いたことがあり、体験したことがある」との回答が全体の11.3%になりました。

また『おうちキャンプやベランピングを体験してみてどうでしたか。』と質問すると、「楽しかった」が全体の87.3%にも上っていることが分かりました。

『おうちキャンプやベランピングを継続して日常に入れていきたいですか。』との質問では、「取り入れたい」という回答が全体の71.9%で、「お店で飲めるならやらない」は18.0%と少数にとどまりました。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社カクヤスのプレスリリース(PR TIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000048.000022125.html

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。