飲食店の予約状況、大阪は解除後に回復のきざしも。全国一店舗あたり予約数は約100件/2021年6月度の予約管理システムデータを発表

飲食店の予約状況、前月比145%

株式会社エビソルは、「飲食店の前年対比の予約状況」を調査しており、今回は2021年6月7日〜7月4日の4週間分を更新した6月度のレポートを公開しました。

前月比で145%、2019年同月比では60%となっています。

株式会社エビソル「飲食店の前年対比の予約状況」6月度
▲「飲食店の前年対比の予約状況」6月度:株式会社エビソル

6月の一店舗あたり総予約数は99.2件

同調査は、飲食店向け予約管理システム「ebica」および「グルメサイトコントローラー」で予約を管理している約4,000店舗を対象に行っています。

全国の飲食店一店舗あたり6月の総予約数は99.2件、1日平均予約数は3.5件、前月比145%です。

2021年に入り一番少なかった5月と比較すると大幅に増加したといえますが、2019年同月比では60%にとどまっており、飲食店にとって回復といえる水準には達していない状況です。

大阪は前月比166%まで回復も、時短営業が続く

大阪の飲食店一店舗あたりの6月の総予約数は102.7件と全国平均を上回りました。1日平均予約数は3.7件です。

前月比166%であり、緊急事態宣言が解除された週には2019年同月との比較で予約数が6割台にまで回復しました。

それでも大阪は時短営業を継続しており、予約数や来店数は大きな変化は期待できない状況です。

低水準の東京は厳しい状況

東京の6月の総予約数は79.5件、1日平均予約数は2.8件との結果が出ており、この数字は前月比149%、2019年同月比では46%と半数以下となりました。

緊急事態宣言解除後も大きな予約の増加は見られず、7月に発令される再度の緊急事態宣言によってまた厳しい状況が続くと予想されます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社エビソルのプレスリリース

https://www.ebica.jp/news/press/weekly-rsv20210709/

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。