SDGs取り組みとその効果への期待は?業種別に比較、観光産業は売上や収益の増加に期待。各ゴールと企業活動の関係についての見方も調査

SDGs推進の企業調査/JTB

株式会社JTB総合研究所は、立教大学観光学部の野田健太郎教授と共同で「観光産業におけるSDGsの取り組み推進に向けた組織・企業団体の状況調査」を行い、その結果を6月8日に発表しています。

観光産業におけるSDGsの取り組み推進に向けた組織・企業団体の状況調査
▲観光産業におけるSDGsの取り組み推進に向けた組織・企業団体の状況調査:株式会社JTB総合研究所
 

観光産業は売上・収益・取引先の効果を期待

同調査は、帝国データバンクが保有するデータから無作為に抽出した企業・関連団体に郵送とオンラインで実施、840件の回答をまとめています。

SDGsに取り組んでいる、または検討している企業の割合は全体で28.0%となりました。業種別では、観光業の割合は20.3%、旅行業は16.0%です。

取り組みによる効果を聞いたところ、全体では「従業員の意識向上」55.8%、「ブランド力の向上」34.9%、「経営方針の明確化」28.6%などがあります。観光産業では「売上の増加」「収益の増加」「取引先の増加」の回答がほかの企業よりも高くなっています。

産業にとってのチャンス・リスクが見えるゴールは?取り組みの課題は?

SDGsの定める17のゴールについて、チャンスとリスクどちらととらえられるか聞いたところ、チャンス・リスクともに上位は「雇用」「まちづくり」「エネルギー」という結果です。観光産業では、ほかの企業と比較すると「環境」「気候変動に具体的な対策を」などが高い傾向にあります。

取り組みの課題は全業種、観光産業ともに「定量的な測定が難しい」、期待する支援策は全体で「認証・認定」「補助金」、観光産業は「人材・時間・予算の確保」となっています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社JTB総合研究所のプレスリリース
https://press.jtbcorp.jp/jp/2021/06/sdgs.html

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。