ポイント「意識して貯めている」カードとアプリで違いは?使用の決め手は有効期限や全額支払いできるか

ポイントに関する調査2021年

株式会社クロス・マーケティングは、ポイントが貯まるカードやアプリの利用状況を探るため「ポイントに関する調査(2021年)」を実施、4月14日に結果を発表しています。

ポイントに関する調査(2021年)
▲ポイントに関する調査(2021年):株式会社クロス・マーケティング
 

ポイントを意識して貯めている人は?

同調査は2021年4月9日に行われ、全国20~69歳の男女1,100サンプルの回答をまとめたものです。

カードで「ポイントを意識して貯めて利用している」人は65%、「意識して貯めているわけではないが、貯まったポイントは利用している」人21.8%と合わせると91.0%です。

アプリで「意識して貯め、利用している」人は45%、「意識していないがポイントを利用している」人18.5%と合わせると71.2%です。

ポイントを貯めているカードは「クレジットカード」が74.3%、「TポイントやPontaなどの共通ポイントカード」が53.9%、アプリは「PayPayなどのキャッシュレス決済や電子マネー」が39.3%、「TポイントやPontaなどの共通ポイントカード」が34.3%です。

ポイントを使用するタイミング、やめるタイミング

ポイントを使用するタイミング・場面の1位は、「ポイントの有効期限が近づいたとき」57.2%、「ポイントで全額払えるとき」39.7%などがあります。

一方でポイントを貯めるのをやめる理由は、「年会費がかかるから」26.4%、「カードを増やしたくないから」26.0%などがあります。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社クロス・マーケティングのプレスリリース
https://www.cross-m.co.jp/report/life/20210414point/#

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。