旅行先選ぶキッカケ「OTA」トップに。情報収集には「観光協会」「予約・口コミサイト」/コロナ禍の生活におけるインターネットやSNSからの情報に対する意識と旅行

JTB、情報収集に関する意識変化

株式会社JTBは、「コロナ禍の生活におけるインターネットやSNSからの情報に対する意識と旅行」に関する調査を実施し、2021年4月9日に結果を発表しています。

18~69歳までの男女10,000人のうち、2019年から2021年2月までに国内・海外旅行を経験し、かつスマートフォンを保持している2,025名の回答をまとめたものです。

コロナ禍の生活におけるインターネットやSNSからの情報に対する意識と旅行
▲コロナ禍の生活におけるインターネットやSNSからの情報に対する意識と旅行:株式会社JTB
 

コロナ禍での旅行経験と情報収集

2020年に旅行をした人は、42.9%、2021年1~2月に旅行をした人は10.7%です。コロナ禍での旅行経験は、男女29歳以下の若い世代に多い傾向にあります。

旅行先を選ぶきっかけとなる情報は、「オンライン専門の宿泊予約サイト(OTA)」28.6%、「友人知人からのおすすめ・体験談」18.4%、「旅行会社のサイト」10.2%です。

情報収集の項目は旅マエ、旅ナカとも「宿泊施設」「観光名所」「飲食店」が多くなっています。

具体的な観光情報収集先として、観光名所であれば「観光協会などのサイト」「旅行会社」「OTAサイトの観光情報」「旅行口コミサイト」、お祭り・イベント・行事については「観光協会などのサイト」が特に利用されています。

旅行関連でのSNSの着目点

旅行のSNSの利用について、投稿の経験がある人は26.0%、「観光名所」「料理・メニュー」についてがそれぞれ45.6%です。

観光情報の収集としてSNSの利用は多くありませんが、若い年代を中心に登録やフォローで旅行や観光の割合が高くなっています。認知や好感度向上に影響力があることから、今後の発信に注目する必要があると報告しています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社JTBのプレスリリース
https://press.jtbcorp.jp/jp/2021/04/sns.html

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。