売上・客数ともに前年比80%以上まで回復/飲食店売上動向 POSデータ定期レポート(ポスタス)

売上の前年比が85.8%、客数の前年比が83.3%に

ポスタス株式会社が2019年4月1日から10月31日、そして2020年4月1日から10月31日の「POS+」のPOSデータを集計し、「飲食店売上動向 POSデータ定期レポート」を公開したと、11月19日に発表しています。

2020年9月の売上の前年比は72.8%、客数の前年比は71.7%であった一方で、10月は「Go To Eatキャンペーン」が始まったこともあり、売上の前年比が85.8%、客数の前年比が83.3%となっています。

各エリア別の売上の前年比をみても、全エリアで80%以上になったことが分かっています。

飲食店の売上の昨年同月比を、日本各地のエリアに分けた表。売上、客数とも、全体では10月に80%を超えるまで回復
▲[「飲食店売上動向 POSデータ定期レポート」・調査結果の表の画像]:ポスタス株式会社
 

時間帯別では売上の前年比が日中で91%、夜間で83%

9月の時間帯別売上の前年比は日中で79%、夜間で69%、10月の前年比は日中で91%、夜間で83%となっており、9月の営業時間短縮要請解除や、10月からの「Go To Eatキャンペーン」の効果が現れ始めていると考えられています。

また、「食事系」・「軽食」・「専門料理」と、10月のジャンル別の売上前年比ベスト3を調べたところ、1位が韓国料理で102.3%、2位がカレーで95.9%、3位が焼肉で95.2%という結果になっています。

10月のジャンル別の売上回復率前年比ベスト3では、1位が沖縄料理で67.7%、2位がその他西洋料理で78.1%、3位が洋風居酒屋で82.2%になっていることが分かっています。

▼外部リンク

ポスタス株式会社 プレスリリース
https://www.postas.co.jp/news/2020/3066/index.html

ポスタス株式会社のプレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000022.000056468.html

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。