飲食店"無断キャンセル"理由に「体調不良」急浮上、対策が課題に(株式会社TableCheck)

無断キャンセルは飲食業界喫緊の課題

株式会社TableCheckは、11月19日、全国の20~60代の男女1,113名を対象に「飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査」を2020年11月6日~9日に実施した結果を発表しています。

この調査は2018年より毎年実施していますが、無断キャンセル理由のトップは、初回の調査と変わらず「場所確保のためのとりあえず予約」となっている一方、今年は新型コロナウイルスの影響があってか、これまで6位以下だった「体調不良」という理由が2位にまで急浮上しています。

▲[飲食店の無断キャンセルに関する消費者意識調査 無断キャンセルをした理由に該当するもの 結果グラフ]:テーブルチェック調べ 株式会社TableCheck(PR TIMES)

「クレジットカード情報入力」は無断キャンセル対策に有効

「Go To Eat」キャンペーンが10月1日から開始されたことを受け、オンライン予約サイトユーザーの無断キャンセル状況を調査したところ、通常時が11.6%であったことに対し「Go To Eat」利用者はわずか3.3%にとどまっています。この要因の一つには、来店して獲得できる「還元ポイント」の魅力があげられます。

また、無断キャンセル時の予約手段は、前々回調査から変わらず1位は「グルメサイト」で51.6%、キャンセルしやすいと感じる予約手段も同じく「グルメサイト」で51.8%と半数以上を占めています。

なお、飲食店の無断キャンセル対策については「クレジットカード情報入力」が63.3%と多くの人が感じているものの、飲食店側にとっては「お客様に手間をかけてしまう」「予約が減ってしまう」などの懸念があり、いまひとつ普及が進んでいないのが現状です。

▼外部リンク

株式会社TableCheck プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000060.000023564.html

株式会社TableCheck コーポレートサイト
https://www.tablecheck.com/ja/company/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に


関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。