GoToイート「利用したいが、方法がわからない」35%…「久しぶりに外食」「僅かでも還元されるのはラッキー」喜ぶ人も(株式会社クロス・マーケティング)

全体の92%がGo To Eatキャンペーンを認知

株式会社クロス・マーケティングが10月27日、全国の男女20歳から69歳を対象にクロス・マーケティング セルフ型アンケートツール「QiQUMO」を使用して、「Go To Eatキャンペーンに関する意識調査」を実施し、その結果を10月29日に発表しました。

同調査では、Go To Eatキャンペーンについて「利用してみたことがある」や「現在予約している」といった回答が全体の92%となっており、大半の人がキャンペーンを認知していることが分かっています。

▲[「Go To Eatキャンペーンに関する意識調査」・調査結果のグラフ:株式会社クロス・マーケティング

一方、「利用してみたいが、予約方法がわからない」が35%で、制度のわかりづらさが浮き彫りとなりました。年齢があがるにつれて「利用してみたいと思わない」が増加傾向にあり、若年層の方が抵抗なく利用していたようです。

少人数での外食なら「してもいい」と思う人が増加

また、コロナ禍において現在あなたが「してもいい」と思うことを聞いたところ、6月・8月の調査時よりも、「友人・知人3人から4人で居酒屋に行く」など、少人数での外食ならしてもいいという回答が多くみられています。

「Go To Eatキャンペーンを利用してみた感想」を聞いたところ、「久しぶりに外食をして良いものをお得に食べることができた」や「家族で行くとかなりの額になるので、僅かでも還元されるのはラッキーだと思った」などといった回答が得られています。

▼外部リンク

株式会社クロス・マーケティング プレスリリース
https://www.cross-m.co.jp/news/release/20201029/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。