飲食店向け非対面サービス構築ツール「MASE デリチケ」サービス開始、カスタメディアがWithコロナ・Afterコロナ時代の新しいスタイルを提案

Withコロナ・Afterコロナ時代における飲食店舗ビジネスを応援

株式会社カスタメディアは、9月4日、飲食店舗向け非対面サービス構築ツール「MASE デリチケ」をリリースしたことを発表しました。

MASE デリチケ紹介画像 株式会社カスタメディア
▲[「MASE デリチケ」紹介画像:株式会社カスタメディア]

顧客満足度向上にもつながる4つの機能

「MASE デリチケ」には、テイクアウト、デリバリー、前払いチケット、オンライン店舗機能の4つの機能があります。

テイクアウト機能では、アプリで事前に来店時間を指定し予約することで、顧客は店舗で待つことなく作り立ての料理を受け取ることが可能になる一方、店舗は作り過ぎによるフードロスの抑止につなげることができるようになります。

また、デリバリー機能を使うと、顧客は自宅やオフィスなどで気軽に料理を注文して楽しむことができ、店舗にとっては多くの人に店を知ってもらうきっかけにもつながります。

一方、前払いチケット機能は、顧客が事前に購入した食事券を行けるタイミングになった際に使うことができるサービスです。店舗側には、前払いチケットにより短期的に現金を得ることができるといった利点があります。

そのうえ、オンライン店舗機能を利用すると、顧客は店内全体の雰囲気を味わいながら、自宅で飲食を楽しむことが可能です。

新型コロナウイルスの影響により、苦境に立たされている飲食店は数多く存在します。一方、このような状況だからこそ新しい食事スタイルに注目が集まっているといった側面もあり、「MASE デリチケ」は、コロナ禍であっても飲食店経営を積極的に後押しするものとして同社は期待を寄せています。

▼外部リンク

株式会社カスタメディア プレスリリース
https://www.kbb-id.co.jp/u/information/deliticket/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。