「GoToEatキャンペーン」認知度72%、利用希望者77%、普及には利用方法の開示が必要

認知度は増加傾向

株式会社ROIは運営しているミステリーショッパーサービス「ファンくる」にて、GoToキャンペーンの1つである「GoToEatキャンペーン」について意識調査を行いました。

調査対象はファンくるに登録している全国20~68歳の男女、回答数は1,000名、調査時期は2020年8月14日です。7月にも同様のアンケートを行っており、認知度の変化も公開しています。

「GoToEatキャンペーンについて知っていますか」と聞くと、「知っている」「なんとなく知っている」と回答した人は72%でした。認知度は、7月の調査から約20%増加しました。

認知度について年代別で見てみると、30代が64%と一番低い結果ですが、40~60代では年代が上がるにつれて認知度も高く、60代以上では約9割の人が知っているという結果になりました。

GoToEatキャンペーンについて知っているかどうかに関する回答 株式会社ROI
▲[GoToEatキャンペーンについて知っているかどうかに関する回答]:株式会社ROI

利用方法は知っている?

GoToEatキャンペーンについて、「知っている」「なんとなく知っている」と回答した人に「GoToEatキャンペーンの利用方法を知っていますか」と聞いたところ、64%の人が「知らない」と回答しました。

GoToEatキャンペーンの利用方法を知っているかどうかに関する回答 株式会社ROI
▲[GoToEatキャンペーンの利用方法を知っているかどうかに関する回答]:株式会社ROI

GoToEatキャンペーンの認知度が1番高かった60代以上の人でも70%の人が「利用方法を知らない」と回答しています。

テレビなどでキャンペーン名を聞くようになり認知度は上がってきたものの、利用方法についての周知はまだ足りていないようです。

キャンペーンを利用したい人は「77%」

「GoToEatキャンペーンを利用したいと思いますか」と聞いたところ、「利用したい」「機会があれば利用したい」と回答した人は77%でした。

7月の調査から19%増加しています。認知度が高まったことで、利用したいと考える人も増えたようです。

GoToEatキャンペーンを利用したいと思うかに関する回答 株式会社ROI
▲[GoToEatキャンペーンを利用したいと思うかに関する回答]:株式会社ROI

外部リンク

ミステリーショッパーサービス「ファンくる」
https://www.fancrew.jp/

ファンくる調査結果ページ
https://www.j-roi.com/news/research/chosa20-08.html

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。