飲食店選びは「グルメサイトの口コミ」で:Rettyが緊急事態宣言「解除後」の外食行動と意識の変化を調査

緊急事態宣言「解除後」の外食の利用頻度は約12ポイント減少

Retty株式会社は、7月15日、緊急事態宣言「解除後」の外食行動に関するWebアンケート調査を実施した結果を発表しました。

この調査は2020年7月7日~7月10日に「Retty」アプリユーザーにアンケートを配信し、合わせて835名が回答しています。

外食の利用頻度についての質問で「週に1回以上外食をする」と回答した人の割合は、緊急事態宣言「発令前」(56.0%)でした。しかし、「解除後」(43.5%)と約12ポイント減少したことがわかりました。

緊急事態宣言解除後の外食行動と意識の変化 緊急事態宣言発令前と解除後の外食の利用頻度の比較グラフ Retty株式会社
▲[緊急事態宣言「解除後」の外食行動と意識の変化 緊急事態宣言「発令前」と「解除後」の外食の利用頻度の比較グラフ]:Retty株式会社

外食の際にチェックするのは「グルメサイトの口コミ」

外食する際に求めるサービスについて、重要視するものについては「美味しい料理が提供されること」が62.9%にのぼり、20.7%の人が「衛生的な環境で食事ができること」と回答しました。

緊急事態宣言「発令前」のお店探しの方法については「グルメサイトの口コミ」が73.6%、「知人からの情報」が53.9%でした。「解除後」では「グルメサイトの口コミ」が74.4%、「知人からの情報」が56.6%と、これらの回答は状況に関わらず上位2位を占めました。

また、これからの外食の不安を解消する情報においても、同じく「グルメサイトの口コミ」と「知人からの情報」が上位2位となりました。

コロナ禍により、人・場所・頻度などの制限を受けながら外食をする人が増えている傾向が見受けられます。今回の調査では、このような状況だからこそ「1回の外食を大事にしたい」「お店選びも失敗したくない」といった消費者の様子がうかがえる結果となりました。

▼外部リンク

Retty株式会社 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000098.000004025.html

日本最大級の実名口コミグルメサービス「Retty」ホームページ
https://retty.me/

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。