家計が「苦しい」中で節約するのは「食費」が7割以上、ランチ選び重要なのは「コスパ」

家計が「苦しい」中で節約するのは「食費」が7割以上、ランチ選び重要なのは「コスパ」

食費を節約する人が非常に多い

全国59,500店以上の飲食店やコンビニで毎日利用できる福利厚生の食事補助サービス「チケットレストラン(Ticket Restaurant®)」を提供する株式会社エデンレッドジャパンが、2020年4月1日~4月5日に全国の30~50代のビジネスマン630人を対象に「家計と昼食に関する調査」実施しました。

その結果、家計について節約をしている人の割合が、8割強に及ぶことが分かりました。

なお、そのうち節約している費用としては「食費」を挙げており、中でも「ランチ代」を安くする傾向が強くなっています。

▲[図表1:消費税増税、新型コロナウイルス感染症流行による世帯の家計状況の変化]:株式会社エデンレッドジャパン
▲[図表1:消費税増税、新型コロナウイルス感染症流行による世帯の家計状況の変化]:株式会社エデンレッドジャパン
ランチについて何を重視しているかを尋ねたところ、「コスパ」が1位となり約4割弱となりました。

一方で、「健康や栄養バランス」を気にしている人は約2割弱にとどまり、安く食べられればいいという人が多い結果となりました。中には「食べない」と回答した人もいました。

なお、男女別では、男性は女性に比べ「健康や栄養バランス」を気にしない人が多いことも分かっています。

生活が苦しいという人が増加

節約する理由について尋ねてみたところ、「生活が苦しいから」と答える人が約7割にも上り、家計が非常に厳しい状況であることが伺えます。

原因としては、「消費税の増税」「新型コロナウィルスの影響」を挙げる人が多くなっており、家計を圧迫している様を感じます。

コメントの中には、「新型コロナウィルスで解雇された」と言うものもありました。

▼外部リンク

株式会社エデンレッドジャパン
https://ticketrestaurant.jp/notice/press-release/20200514/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。