外出自粛で「お取り寄せ」76.7%増加、これから取り寄せたいのは「北海道」「ご当地の名産」

外出自粛で「お取り寄せ」76.7%増加、これから取り寄せたいのは「北海道」「ご当地の名産」

外出自粛で「お取り寄せ」をする人が増加

新型コロナウイルスの影響でなかなか外に出られないけど美味しいものが食べたい、そんな願いを叶えてくれるのが「お取り寄せ」です。

クラフトビールの飲み比べ定期配送サービスを行っている「ふたりのみ」を運営するmeuron株式会社は、需要が高まってきたと思われる「お取り寄せ」について、一般男女100人を対象にアンケート調査を行いました。

「外出自粛が始まってからお取り寄せをする機会は増えたか」どうかについて聞いてみると、76.7%の人が「増えた」と回答しました。外出自粛前と後でお取り寄せの頻度が変化したかについて調査してみると、全体的に頻度が上がっていることが見えてきます。

▲[外出自粛以降の「お取り寄せ」を利用した機会が増加したかについての回答]:meuron株式会社プレスリリース
▲[外出自粛以降の「お取り寄せ」を利用した機会が増加したかについての回答]:meuron株式会社プレスリリース
「1ヶ月に1回以上」の回答は、7.5倍も増加しています。この結果からお取り寄せの需要はかなり高まったと言えるでしょう。
▲[「お取り寄せ」利用頻度のグラフ]:meuron株式会社プレスリリース
▲[「お取り寄せ」利用頻度のグラフ]:meuron株式会社プレスリリース
「どんな時にお取り寄せをしていましたか?」という質問に対し、外出自粛前は「母の日、父の日などのイベント」がもっとも多く61.7%でしたが、外出自粛後では「何でもない日常」が、81.7%で1位になりました。
▲[外出自粛以前の「お取り寄せ」を利用したタイミングに関するグラフ]:meuron株式会社プレスリリース
▲[外出自粛以前の「お取り寄せ」を利用したタイミングに関するグラフ]:meuron株式会社プレスリリース
▲[外出自粛以後の「お取り寄せ」を利用したタイミングに関するグラフ]:meuron株式会社プレスリリース
▲[外出自粛以後の「お取り寄せ」を利用したタイミングに関するグラフ]:meuron株式会社プレスリリース
特別な日のためというイメージがあったお取り寄せですが、普段使いとしても広まってきていることがわかります。

お取り寄せしたい理由について聞いてみると「ちょっとした贅沢をしたい」が1位で78.3%でした。2位は「非日常を味わいたい」、3位は「在宅ストレスの発散」となりました。在宅時間が増えることによるストレス発散や気分転換に、お取り寄せが注目を集めているようです。

お取り寄せしたいものは「ご当地の名産」が人気

「どんなものをお取り寄せしたいですか」と聞いてみると、「ご当地の名産」が68.3%で1位でした。中でも「北海道」の品をお取り寄せしたいという声が多くありました。その他に「人気飲食店のメニュー」「人気食品ブランド」という回答がありました。

▲[どんなものを「お取り寄せ」したいかという質問に関するグラフ]:meuron株式会社プレスリリース
▲[どんなものを「お取り寄せ」したいかという質問に関するグラフ]:meuron株式会社プレスリリース

▼外部リンク

meuron株式会社プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000019.000020760.html

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。