屋内外のレジャー施設や交通、コロナウイルスの影響はどのくらい?

国内レジャーの動き

株式会社unerryは、リアル行動データプラットフォーム「Beacon Bank(R)」で、レジャー、交通、ショッピングに関する人流をAI解析し、3月19日に発表しました。レジャー施設への来訪は約30-40%減少しています。

▲[日用品ショッピングに関する人流(日別推移)のグラフ]:株式会社unerryのプレスリリース
▲[日用品ショッピングに関する人流(日別推移)のグラフ]:株式会社unerryのプレスリリース

調査は、人流ビッグデータとAIを活用し、新型コロナウイルスの影響が国内の「レジャー」・「交通」・「ショッピング」にどのように影響しているかを明らかにしました。

WHOが緊急事態宣言を行った、1月最終週の訪問者数を100%として分析しています。

レジャーについては、連休があった2月中旬まで一定の動きが見られましたが、2月25日の新型コロナウイルス感染症対策基本方針が打ち出されてから来訪者が減少しました。特にテーマパーク、水族館など大型施設は30~40%下落の傾向が見られます。

交通は、レジャーに反映される形で減少。駅・バスなどの日常利用される交通機関は従来の4分の1、空港は3分の1程度抑えられています。

基本方針後に日用品購入に動き

ショッピングは、ショッピングモール・デパートといった大型施設への来訪数が大きく減少しました。一方で日用品を扱うディスカウントショップ、ドラッグストア、スーパーなどは2月24日の週に大きな動きが示されています。

特にディスカウントストア、ドラッグストア、スーパーの3業態は、臨時休校の要請があった翌日の2月28日、次の週の平日も来訪者が増加しましたが、その後は落ち着きを取り戻しています。

▼外部リンク

株式会社unerryのプレスリリース
https://www.unerry.co.jp/

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。