決定木分析とは、ツリー状の構造を用いて「もし〜だったら」と仮定を繰り返して、想定する段階を可視化させていく分析方法です。回答者は、「はい」か「いいえ」に基づいて説明を選択していき、条件ごとの選択の有無をデータ化できます。

たとえば、ジョギングについてのアンケートなら、データを平日や天気などの要素で分割することで「天気や平日休日に関係なくジョギングする人」「雨でなければ休日にジョギングをする人」「天気関係なく平日にジョギングする人」といったように結果をわかりやすく表せます。

関連記事
アンケートの分析・集計方法7選|効果的に実施するための4つのポイント

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に