クラスター分析とは異なるものが集まる自然な集団から、類似する性質を持つものを集め、グループ分けをして集団を作る方法です。

クラスター分析にはデータ間の類似度を計測し、近いもの同士で階層分けをする階層クラスター分析と、それぞれの集団ごとの特徴で分類する非階層クラスター分析があります。

クラスターの数は非階層クラスターが分析前、階層クラスターでは分析後に決定されます。大量のサンプル数がある場合は非階層クラスター向きとされています。

関連記事
クラスタリングとは | 分類との違いや種類、マーケティングへの活用例を解説

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に