クラスタリングはデータの分析方法の一つで、類似した要素を有するもの同士でグループを分けることを指します。

クラスタリングにはデータごとに比較し、類似度の割合ごとに分ける「階層クラスタリング」とクラスター数を事前に決め、似たデータを自動で集める「非階層クラスタリング」の2つの手法があります。

クラスタリングの活用事例には、ECサイトで、購入層の分析から似たようなターゲット層に対して商品をレコメンドする方法などがあります。

関連記事
クラスタリングとは | 分類との違いや種類、マーケティングへの活用例を解説

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に