コメダ、“過去最高“163億円売上 物販やテイクアウトなど強化(21年上半期決算)

名古屋市を中心に喫茶店チェーン「コメダ珈琲店」を展開するコメダホールディングスは、コロナ禍において過去最高となる売上収益をあげました。

多くの飲食チェーン同様に感染症の流行により大きな打撃を受けたコメダ珈琲ですが、同社は2020年度においても黒字決算でした。

関連記事
コメダ珈琲 "9年ぶり"顧客満足度1位に、コロナ禍でも堅調維持した2つの理由

コロナ禍でも過去最高の売上収益163億8,500万円

コメダホールディングスは2021年10月13日、2022年2月期中間連結決算(2021年3月~8月)を発表しました。

同期間における売上収益は163億8,500万円となり、これは同社にとって過去最高です。前年同期比は21.6%増でした。

コロナに強い経営環境

コメダ珈琲店は今期に限らず、他のカフェチェーンが相次いで赤字を出した2020年時点でも黒字決算となっています。コメダ珈琲店は郊外への出店が多いため家賃を抑えられていたことや、広々とした店舗構造が感染対策を意識する顧客に安心感を与えていたとみられます。

同社は決算資料において、物販と、テイクアウト・デリバリーの強化によりコロナ禍での収益確保に努めたことを明らかにしています。

同資料では、ミステリーショッパー調査を取り入れ顧客満足度の向上に努めたり、アパレルブランドとのコラボで顧客から共感の拡大を図っていることも説明されています。

8月には来店客減の苦境も

コメダホールディングスは、コロナ禍に限らず東京2020オリンピック・パラリンピックの開催や8月の全国的な長雨などが来店客減の一因となったことを説明しています。

一方で、3月にテレビ番組で取り上げられたことや「コメ牛」の再販売などは来店客の増加を引き起こし、結果として過去最高収益を記録するにいたったと分析しています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>
コメダ:2022年2月期 第2四半期決算短信〔IFRS〕(連結)
IR資料 | IRライブラリー | IR情報 | 株式会社コメダホールディングス
コロナ禍でも黒字確保「コメダ珈琲」のすごみ


関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。