7月外食市場 前年比85.1%、3か月連続で前月より回復

株式会社リクルートが運営するホットペッパーグルメ外食総研は9月1日、首都圏、関西圏、東海圏のエリアを対象とした2021年7月度の外食市場調査を発表しました。

7月の外食市場規模は前年同月比85.1%で、3か月連続で前月よりも回復傾向がみられます。

一方2019年(コロナ前)同月比では48.1%と半減の状態が続いていますが、6月よりマイナス幅が改善されています。

7月外食市場 前年比85.1%、3か月連続で前月より回復

外食市場規模
▲外食市場規模:外食市場調査2021年7月度

7月の外食市場規模は、前年同月比294億円減の1,672億円となりました。前年比マイナスではあるものの、3か月連続で前月より回復しています。

業態別では、主要16業態のうち、5業態で前年比プラスを記録しています。

外食頻度3.42回/月、すべてのエリアでも前月比増

外食頻度
▲外食頻度:外食市場調査2021年7月度

外食頻度では3.42回/月となり、前年同月比ではマイナスとなるものの2021年1月から見て最も高い数値となりました。

エリアごとでは、首都圏で3.50回/月、関西圏で3.44回/月、東海圏で3.15回/月となり、すべてのエリアで前月6月の数値よりも増加しています。

20代の外食実施率、60%越え

世代年別の外食実施率ではどの世代でも6月より増加しており、20代男性(63.1%)20代女性(63.1%)が最も高い数値となりました。

前年比で増加したのが、30代女性(56.9%)、50代女性(46.2%)、60代女性(49.3%)で、それぞれ前年比4.1ポイント、1.4ポイント、1.4ポイント増加しています。

7月の業態別推移

6月は多くの業態で外食の利用者が減少していましたが、7月は業種ごとに改善がみられるものもありました。

居酒屋で市場規模回復傾向

居酒屋の市場規模
▲居酒屋の市場規模:外食市場調査2021年7月度

業態別の市場規模は、前年比でいうと未だ厳しい状況ではあるものの、すべての業態で6月の数値よりも増加という結果となっています。

中でも居酒屋では225億円となり、前年比124億円のマイナスとなるものの幅は縮まり、5月から3ヵ月続いての増加となりました。

外食単価・延べ外食回数
▲外食単価・延べ外食回数:外食市場調査2021年7月度

外食単価・延べ外食回数からは多くの業態で厳しい状況が続くなか、居酒屋、フレンチ・イタリアン料理、すき焼きなど徐々に改善しているものも見られました。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


<参照>
ホットペッパーグルメ外食総研:外食市場調査2021年7月度

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。