EC事業「既存顧客へのサービス向上」年商規模小さいグループでもっとも重視する傾向/事業者の現状と課題を調査

ECビジネス2021年版レポート

株式会社エルテックスは、2021年8月27日に「EC・通信販売事業関与者の実態調査」の第17回レポートを発表しました。

同レポートは、「通販事業全般の課題」「EC/通販システム導入時の重視点」、「年商規模別返品率」などを集計・分析した調査結果をまとめています。

年商別に見る、商品返品率

以下のグラフは、「あなたの事業所での出荷に対し返品される数値(返品率)でいちばんあてはまるものをひとつだけお選びください。(単一回答)」に対する回答結果をグラフにしたものです。

EC・通信販売事業関与者の実態調査
▲EC・通信販売事業関与者の実態調査:株式会社エルテックス

この結果から、EC・通信販売事業の出荷数に対する商品返品率について、全体のボリュームゾーンは53.5%を占める「5%〜10%」であることがわかります。

年商別の結果を見てみると、10~100億円未満の事業者は5%以上が60.0ポイントとなっており、事業規模別ではこのレンジで商品返品率が高くなっていることがわかります。また年商100億円以上では「5%未満」の回答が53.7%となっており、年商の大きい事業者の方が返品を抑えていることが分かりました。

通販事業で重要視していることは「売上の拡大」

本調査では、EC・通販のビジネスで重要と思われるものについても質問しています。

グラフは、「あなたの会社、事業所の通信販売事業(EC:エレクトロニック・コマースを含む)について、ビジネス上重要と思われるものをいくつでもお選びください。(複数回答) 」に対する回答を、2017年から2021年まで集計した結果です。

EC・通販のビジネス課題
▲EC・通販のビジネス課題:株式会社エルテックス

4回の調査全てで「売上の拡大」

2021年の結果について、2020年と比較し変化があったのは「よく売れる商品の開発」「事故が起きない安全なシステム強化」で、それぞれ7.3ポイント低下しました。

ビジネスで重要と思われるものは?(単一回答)

またビジネスで重要と思われるものについて1つだけ回答してもらったところ、「売上の拡大」「事故が起きない安全なシステム」の2項目は年商が増えるほどスコアも上昇、「既存の顧客へのサービス向上」が低下する傾向にあります。

年商規模が1億〜10億未満の事業者は「既存顧客へのサービス向上」を選択した割合が20%弱となりました。

ビジネスで重要と思われるものは?単一回答結果グラフ
▲ビジネスで重要と思われるものは?単一回答結果グラフ:株式会社エルテックス


また、EC・通販ビジネスの管理システム導入で重視する点を1つだけ選んでもらったところ、「導入や運用のコスト」のスコアは年商1~10億円未満で23.4ポイントであったのに対し、年商100億円以上の事業者で47.1ポイントと約半数に迫る勢いとなっています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社エルテックスのプレスリリース(PRTIMES)

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000052.000007894.html

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。