テイクアウトで食べたい激辛グルメランキング発表!「コロナ禍きっかけ」22.2%との調査結果も(ホットペッパーグルメ外食総研)

外出自粛継続で「刺激を求めるようになった」43.6%

株式会社リクルートは、6月22日、ホットペッパーグルメ外食総研が全国20~50代男女を対象として「激辛グルメ」についてのアンケートを2021年4月30日~2021年5月6日に実施した結果を発表しています。

辛い料理が好きな635人を対象に、コロナ禍をきっかけに、外出の自粛が続き刺激を求めるようになったか尋ねたところ「どちらかといえばそう思う(30.1%)」「そう思う(13.5%)」と合わせて43.6%の人が「そう思う」と感じていることが明らかになっています。

「激辛グルメ」についてのアンケート コロナ禍をきっかけに刺激を求めるようになったか 結果グラフ
▲「激辛グルメ」についてのアンケート コロナ禍をきっかけに刺激を求めるようになったか 結果グラフ:ホットペッパーグルメ外食総研 株式会社リクルート(PR TIMES)
 

約5人に1人がコロナ禍で激辛欲アップを自覚、TOP3に「カレー」「麻婆豆腐」「鶏のからあげ」

また、コロナ禍をきっかけに辛い料理を食べたいと思う頻度が増えたかについては「どちらかといえばそう思う(14.2%)」「そう思う(8.0%)」と合わせて22.2%、約5人に1人がコロナ禍で激辛欲が上昇していることが判明しました。

外食でなくても家で(テイクアウトなどで)辛いものを食べたいと思うようになった人は24.4%にのぼることがわかっています。

ホットペッパーグルメ外食総研が選んだメニューからテイクアウトで食べてみたい激辛メニューを尋ねたところ、1位「カレー」、2位「麻婆豆腐」、3位「スパイシー味の鶏のからあげ」がトップ3にランクインしています。

このような結果から、辛い料理が好きな人はこれまで以上に刺激を求め、今年の夏はテイクアウト等を活用しながら気軽に激辛グルメを楽しむのではないかと考えられます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社リクルート プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/000001127.000011414.html

株式会社リクルート ホームページ
https://www.recruit.co.jp/

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。