「注文操作のわかりやすさ」重視「割高でも購入」するユーザーの姿が判明/全国1万人にEC事情を調査

ECでは注文のしやすさを重視する人が増加

公益財団法人流通経済研究所は、5月7日、ネットショッパー研究会が、全国約1万人のショッパーを対象として、eコマース(以下、EC)による食品販売の現状を把握するためのアンケートを実施した結果を発表しています。

ECを直近1か月に利用した人における「インターネットで食品を買い物する際に重視する点」の調査では、前年に比べて「安さ」を重視する人が減少し、「注文操作のわかりやすさ」を重視する人が増加しています。

eコマース(EC)による食品販売の現状調査 EC利用時に重視する点の結果グラフ
▲eコマース(EC)による食品販売の現状調査 EC利用時に重視する点の結果グラフ:ネットショッパー研究会 公益財団法人流通経済研究所(PR TIMES)
 

ECを選ぶ最大の理由は「配送料がかからない」こと

EC利用時に重視する点について、回答者の割合が一番多かったのは「配送料がかからない」で、EC利用者の約半数が重視すると回答しています。

一方、「近隣店舗よりも安く買える」「実店舗と同じ商品を安く買える」は減少傾向にあり、配送料そのものは無料であってほしいユーザーが多い一方で、商品そのものに対する「安さ」に関する項目は回答者の割合が減少していることがわかっています。

これらの結果から、配送料がかからない商品であれば割高であっても購入を決断する消費者心理が読み取れます。ECは外出せずに商品を購入できるといった利点が改めて評価されており、その対価として多少の割高さも受け入れる人が増加していると推測されます。

今後、ECでは商品・価格の満足度向上だけでなく、ユーザーが簡単に買い物できるような仕組みを構築することが必要になると考えられるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


▼外部リンク

公益財団法人流通経済研究所 プレスリリース(PR TIMES)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000032.000036006.html

ネットショッパー研究会 URL
https://www.dei.or.jp/project/netshopper/

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。