「ビール・ハイボール・グラスワイン」増加、ノンアルコールの人気ブランドも判明/コロナ後の飲酒習慣の変化

2020年から2年連続で「平均1日飲酒量」が増加

株式会社asken(以下、asken)が、お酒に注目した「マンスリーレポート あすけん食事ランキング」を、3月31日に発表しました。

国内最大級のAI食事管理アプリ「あすけん」で毎日記録し、ビフォアー・コロナから日常的に飲酒習慣がある人、2019年・2020年・2021年の各年2月20日から30日間、毎日同アプリで食事記録を行なっており、かつ、2019年2月20日から30日間で15日以上飲酒日(純アルコールを1単位20グラム以上摂取した日)があった人を対象に、飲酒スタイルに変化があったか調査を実施しました。その結果からaskenが同ランキングを作成しています。

同調査において『飲酒日数と1日飲酒量の平均』を調べたところ、2021年の「平均飲酒日数」が20.6日、「平均1日飲酒量」が63.3%となりました。

2019年と2020年の結果と比べると、外食や会食が制限されるコロナ禍において、年々飲酒日数は減少している一方で、「平均1日飲酒量」は2020年から2年連続で増加していることも分かっています。

飲酒スタイルに変化があったか調査・調査結果のグラフ画像
▲飲酒スタイルに変化があったか調査・調査結果のグラフ画像:株式会社asken
 

2021年のお酒類の登録数を2019年と比較

同調査では、2021年のお酒類の登録数をコロナ禍前の2019年と比較(集計期間:2019年と2021年の2月20日から3月20日)し、『登録数のランキング』を作成しています。1位は「ビール 350ml缶」で2021年の登録数が12万4,066となり、2019年比は200%にもなっています。

2位は「ハイボール」で2021年の登録数が10万2,805、2019年比は171%、3位は「グラスワイン(赤)」で2021年の登録数が10万1,057、2019年比は175%などとなりました。

また、2020年と2021年の2月20日から3月20日の期間を比較して、ノンアルコール飲料の登録数を比較したところ、1位は「ノンアルコールチューハイ ゼロハイ氷零シチリア産レモン(350ml)(キリン)」で2021年の登録数が775、2020年比で625%、2位は「からだを想うALL-FREE(350ml)(サントリー)」で、2021年の登録数が8265、2020年比で458%などという結果が得られています。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社asken プレスリリース
https://www.asken.inc/news/2021/3/30/3

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。