今年の節分「2月3日ではない」って知ってた?2021年の祝日移動を解説

2021年の節分の日は、例年通りの2月3日ではなく2月2日となります。今年の「立春」が例年より1日早い2月3日となったことにより、「立春の前日」である節分も合わせて移動しました。

また、2021年には東京オリンピックが開催されることもあり、ほかにもいくつかの祝日が移動しています。

本記事では、マーケティング担当者が知っておくべき2021年の祝日移動についてわかりやすく解説します。

関連記事
Google マイビジネスで祝日時などの臨時休業を設定する方法
飲食店の「休業日」を導入する方法

今年は節分の日付が1日早まる

2021年の節分の日は、2月2日となります。この移動は124年ぶりということで、注目が集まっています。

なぜ節分の日付が1日早まるのか

節分の日付が早まるのには、暦のズレが関係しています。

太陽の周りを地球が1周(公転)する周期は「365.242189...日」です。1年を365日とする現在の暦では、実際の公転との間にズレが発生しているのです。

そこで暦と実際の公転のズレを埋めるため、4年に1回「うるう年」を設けるなどの手法が取られていますが、それでも半端な数のためズレが生じてしまうのだといいます。

そのため、今年は立春が通常の2月4日よりも1日早く、2月3日となります。

節分は立春の前日と決められているため、これに合わせて節分も1日早い2月2日となっているというわけです。

ほかにもある、2021年の移動する祝日一覧表

節分の日のほかにも、2021年は東京オリンピックが開催されるため「海の日」「スポーツの日」「山の日」が移動します。

それぞれの祝日の意味と2021年の日にちについて、以下で紹介します。

  • 節分の日(立春の始まりの前日):2月3日から2月2日に移動
    二十四節気と太陽暦のズレのため

  • 海の日(海の恵みに感謝する日):7月19日から7月22日に移動
    東京オリンピック開会式前日のため

  • スポーツの日(健康的な社会の実現を願う日):10月11日から7月23日に移動
    東京オリンピック開会式当日のため

  • 山の日(山の恵みに感謝する日):8月11日から8月8日に移動
    東京オリンピック閉会式当日のため

祝日を正しく把握して、適切なマーケティングを

基本的なことではありますが、祝日や季節行事に絡めたマーケティングを実施する際には日付を正しく把握することが第一となります。

たとえば節分に際して恵方巻きを売るのであれば、今年は2月2日に売るべきです。2月3日になってから売っても効果は薄くなってしまうと考えられるため、注意が必要でしょう。

また、祝日を休業としているなど、通常の平日の営業と異なる場合はそれを正しく伝えることが重要です。

Google マップでは、Google マイビジネスから「特別営業時間」を設定することで臨時休業することを周知できます。設定方法については、以下の記事をご覧ください。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。