楽天トラベルで口コミを集める方法:利用する際のメリット・デメリットも解説

楽天トラベルは、ホテルや旅館など宿泊施設を予約できるサイトです。口コミによる評価も無料で見られるので、利用施設を選ぶ際に口コミを参考にする人は多いでしょう。

楽天トラベルの口コミは、実際に施設を利用した宿泊者のみが投稿できる仕様になっています。ユーザーは利用者から寄せられた口コミを見ることで施設についての評判や人気度を認知できます。

そして事業者側は良い口コミを多く集めることができれば、ユーザーに対する訴求力や集客力を高めることもできるでしょう。

この記事では、楽天トラベルサービス内容、メリット・デメリット、口コミ機能と良い口コミを集めるための方法について解説します。

楽天トラベルとは?

楽天トラベルは、インターネット関連事業を多く手がける楽天が運営するオンライン旅行会社です。

宿泊予約サイトとしては国内最大級の規模を誇る大手で、宿泊施設や航空券を予約できます。

以下では、楽天トラベルが提供するサービスや特徴について解説します。


国内外旅行・ツアーが予約できる

楽天トラベルでは国内外の宿泊施設やツアーの予約手配ができます。

予約可能な宿泊施設はホテルや旅館、ペンションなど多岐にわたり、ユーザーはそれぞれの宿泊施設の口コミを参考にできます。

予約の際にはさまざまな宿泊プランを比較した上で選択できるため、お得なプランを利用できるでしょう。

また、ツアーでは宿泊施設と併せて航空券やレンタカーの予約ができます。

また、楽天トラベルを有効活用するコツとして自由に組めるパッケージツアーがあります。経由ルートや交通手段などを好みに合わせてカスタムすることでプライベートツアーのように旅行を楽しむことが可能です。

価格の面においても宿泊施設や航空券をセットで予約することにより割引が適用され、さらにリーズナブルな価格で旅行ができるだけでなく、航空会社のマイルと楽天ポイントを獲得できます。

航空券・レンタカー・高速バスなど交通機関の予約も可能

楽天トラベルでは宿泊施設と併せて航空券の予約ができることは先述の通りですが、往復チケットの購入ができることはもちろん、片道や周遊航路でのチケット購入もできるため、ニーズに応じて柔軟に予約することが可能です。

ANA、JALのほかスターフライヤーや春秋航空、ソラシドエアなどの航空会社とも提携を結んでいるため、LCCを利用したツアーを組むこともできるでしょう。

航空券以外にもレンタカーや高速バスなどの交通手段を手配することも可能です。

ポイント・クーポンでお得に旅行できる

楽天アカウントを持っているユーザーであれば、楽天トラベルを利用して予約、決済を行うと楽天ポイントが貯まります。

貯まったポイントは1ポイントにつき1円として楽天市場や楽天の系列サービスで利用できるほか、他サービスで獲得した楽天ポイントを利用して楽天トラベルで旅行の予約手配もできます。

また、楽天トラベルでは国内外の旅行予約に使えるクーポンの配信を定期的に行なっています。ポイントやクーポンをうまく利用することで他サイトよりも安価で予約できるかもしれません。

楽天トラベルのメリット・デメリット

サービスを利用する際には、どんなメリットを享受できるのかについて理解を深めておくことが重要です。

以下では、楽天トラベルのメリット・デメリットについてユーザー目線、事業者目線のそれぞれの観点から解説します。

ユーザーにとってのメリット

大手OTAの中には海外発のサービスも多く、日本語による対応や案内が十分でないサイトもあります。

その点、楽天トラベル日本発のサービスのためサポート面では定評があります。

また、国内でさまざまな事業を展開する大手企業の楽天が運営するサービスということもあり、ユーザーにとっては安心感もあるでしょう。

ユーザーにとってのデメリット

続いて楽天トラベルのデメリットについてです。トリップアドバイザーではトラブル時の対応がよくなかったという声が散見されます。キャンセルの連絡をしたにもかかわらずキャンセル手続きができなかった、HPの誤った記載で被害を受けた客に対し謝罪がなかったといった低評価の口コミが複数投稿されています。

ただし悪評の数自体は少なく、高く評価する口コミの数が圧倒的に多くなっているのも事実です。

事業者にとってのメリット

楽天トラベルは、国内で1億以上のユーザー数を誇る楽天が提供するサービスです。こうした巨大サイトに宿泊施設を掲載できるため、うまく魅力を伝えられれば、大きな集客効果が期待できます。

旅館営業許可取得施設の取り扱いに関しては国内最大級の登録数を誇り、宿泊サービスを提供する事業者からも高い信頼を得ていることがわかります。

さらに楽天トラベルでは、事業者から徴収する手数料をできる限り安価に抑えているため、他のOTAと比べてもリーズナブルに掲載できます。

また、事業者は楽天トラベルにおいて豊富な販促ツールやデータを活用することが可能です。販促ツールの一例としてフォトギャラリーでは100枚まで写真を掲載でき、カスタマイズページの機能を活用すれば、自社サイトのように個性を打ち出せるでしょう。

事業者にとってのデメリット

比較的デメリットの少ない楽天トラベルですが、強いて挙げれば多数の宿泊施設が登録されているため差別化が難しい点でしょう。

人気観光地や宿泊施設の多い場所であれば、同一商圏内や近隣エリアに絞っても多くの宿泊施設が楽天トラベル内でヒットするため、それらの宿泊施設より質の高いサービスや独自の強みがなければ集客につなげることは難しいかもしれません。

楽天トラベルで良い口コミを集める方法は?

楽天トラベルでは多くのユーザーが口コミを参考に利用する宿泊施設を選択しています。

そのため、良い口コミを集められれば集客効果も高まるでしょう。

以下では、楽天トラベルで悪評が寄せられた場合の対処法や、高評価の口コミを集める方法について解説します。


ネガティブな口コミに対しても誠意を示す

以前は口コミを削除することが可能でしたが、宿泊施設側が自由に口コミを削除できてしまうと情報操作につながる恐れもあるため、事業者による口コミの削除はできなくなってしまいました。

そのため、ネガティブな内容の口コミが寄せられた場合でも当該口コミを削除することはできません。

ただし口コミへの返信ができるため、悪評に対しても誠意をもって返信できればユーザーからの信頼度を大きく損なうことはないでしょう。

口コミ投稿を直接お願いする

宿泊客には口コミ投稿ができるということを伝えることが重要です。

宿泊先を決める際には口コミを見ながら決めるユーザーがほとんどですが、いざ予約が完了して旅行を楽しんだ後には口コミの存在を忘れてしまっているケースが少なくありません。

時期によっては口コミの投稿に対して楽天ポイントが還元されるキャンペーンを行っていることもあり、そのような場合にはユーザーにもメリットがあるため積極的に声掛けするとよいでしょう。

メッセージ機能などを使ってお願いする

楽天トラベルではメッセージ機能を利用して宿泊施設から宿泊客への連絡や案内を発信できます。

このメッセージ機能は宿泊後のユーザーにも送信できるため、宿泊のお礼メッセージと併せて口コミの投稿を促すような内容を盛り込みましょう。

旅行後にもお礼や気遣いのメッセージをくれるような宿泊施設に対しては、ユーザーも良い口コミを投稿したくなると考えられます。

また、口コミを初めて投稿するユーザーにもわかりやすいよう、リンクを貼るなど口コミの投稿方法について簡単な案内を加えると良いでしょう。

楽天トラベルで良い口コミを集めて集客力アップ

楽天が提供する楽天トラベルは、国内最大級の掲載宿泊施設数、ユーザー数を誇ります。ネットユーザーは楽天トラベルで、国内外のさまざまな宿泊施設の料金や設備、口コミなどの情報を調べています。

宿泊施設を運営する事業者にとっては、楽天トラベル効果的なマーケティングツールです。ただ掲載するだけでなく口コミ返信機能やメッセージ機能を活用することでより集客効果の高いツールとして運用できるでしょう。

下記の記事では、他の口コミサイトに関する情報を解説しています。

Googleマイビジネスの活用方法とは

Googleマイビジネスが集客に有効であることは少しずつ知られるようになってきています。しかしどのように活用するのが効果的かという点については、知らないというビジネスオーナーの方々も少なくありません。またGoogleマイビジネスには多くの機能が実装されているが故に、特に登録直後の企業や店舗においては何から始めていいか悩んでしまうこともあるでしょう。この記事では、Googleマイビジネスの概要、活用方法、メリット・デメリットについて解説します。関連記事MEO対策のやり方 | Googleマッ...

【口コミを売上に変える!】最新セミナー&レポートのご紹介

口コミラボでは、集客・Webマーケティングに課題を抱える店舗のご担当者様向けに

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

Googleビジネスプロフィール&MEO、1時間で"ゼロ"から攻略!


Googleマップ上の店舗・施設情報を管理するツール「Googleビジネスプロフィール」や、Googleビジネスプロフィールなどを用いて店舗・施設情報を最適化する施策「MEO」について、

「よく知らない」
「ゼロから教えてほしい」

という方向けに、セミナーを実施いたします!日程は9月28日(水)15時〜16時です。

セミナーに申し込む(無料)

“ここでしか学べない“Googleビジネスプロフィールの最新ノウハウを無料で提供中!

仕込みの合間に通うお店の学校「口コミアカデミー」では、GoogleマップGoogleビジネスプロフィールの教科書を無料で公開いたしました!

Googleビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleから公式に認められている永山氏監修のもと作成した、“ここでしか学べない“内容となっております。

飲食店・観光施設・小売店・宿泊施設などの店長や店舗マーケター向けに、最新のWeb集客手法を【無料】でご提供いたします。

「Googleマップの教科書」を見てみる

【最新】Googleマップ・ビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年7月版】」です。

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

ネガティブな口コミへの対処法


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】

Googleビジネスプロフィールの「インサイト」活用マニュアル


Googleビジネスプロフィールの「インサイト」は、Googleのローカル(地域)検索で「検索者がどれくらい見ているか」「どれくらい行動に移したか」など、ここでしか見られない情報が集まっている解析データです。

そんな「インサイト」を活用するためのマニュアルを作成しました!

Googleビジネスプロフィールのインサイトについて知る【資料DL】

関連するオススメ記事

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。