電話調査とは?外部委託のメリットとおすすめの代行サービスを紹介

電話調査とは、ターゲットとなる調査対象に電話をかけて質問を行い、意見や考え、感想などを聞き取る調査手法です。市場調査における代表的なリサーチ方法で、低コスト・短時間で実施でき、外部委託にて匿名調査も行えます。

顧客満足度や市場規模調査、顧客ニーズの把握に有効なため、飲食や小売業における新規商品開発や既存サービスの改善に役立ちます。

本記事では、電話調査の目的や方法、調査会社に外部委託するメリットを解説したのちに、会社選びのポイントとおすすめの代行サービスも解説します。

電話調査とは

電話調査とは、ターゲットとなる調査対象に電話をかけ、対象の意見や考えを聞き取る調査方法です。

調査媒体が電話であるため、対象者への質問量に限りがあり、視覚的な表示を行うことも困難です。

しかし、比較的低コスト・短時間で実施でき、即回答が得られるのは大きなメリットと言えます。対象と直接会話でやり取りをするので、質問に対する反応や声のトーンから、顧客の興味関心を探れます。

電話調査の目的

電話調査の主な目的は、次の3つです。

  • 顧客の評価

  • 市場規模

  • 顧客ニーズ


顧客の評価に関する調査では、満足度市場にある商品サービスに対する顧客の満足度や不満に感じるポイントを探ります。外部委託により匿名調査を行うことで、自社だけでなく競合他社の商品サービスの顧客にもアプローチが可能です。

他社製品への本音を聞き出すことで「他社にない強み」を新たに商品開発に取り入れたり、自社が選ばれなかった理由から改善点を見出したりできます。

市場規模調査では、新規商品サービスを開発したとき、対象である市場規模はどのくらいかを測ります。「この商品はこの客層の〇〇を解消する」といったあらかじめ立てた仮説の検証にも用いられます。

顧客ニーズ調査では、顧客の悩みに焦点を当てます。現在悩んでいることに対し、どうすれば問題解決ができるかという視点から、顧客ニーズを探ります。電話で得られる回答は少ないため、より深く本音を掘り下げる一次調査として実施されることも多いです。

電話調査における2つの方法

電話調査は、実施方法として名簿方式とRDD(Random Digit Dialing)方式の2種類に分かれます。

名簿方式とは、あらかじめ用意された名簿に基づいて電話する方法です。名簿とは顧客リストや住民基本台帳など電話番号を記載したリストを指し、この中から調査目的に合った対象者に電話をかけます。個人と法人を分けて調査をしたいときなど、対象を限定する調査に向いています。

RDD方式とは、コンピューターでランダムに組み合わせた番号に電話をかける方法です。電話番号を無作為に作成するため、名簿に記載がない人も調査対象に組み込めます。個人と法人の区別はできませんが、固定電話だけでなく携帯電話にも対応しています。

電話調査を外部に委託するメリット

電話調査を外部に委託することで、匿名調査が可能になるほか、次の3つのメリットがあります。

  • 従業員の効率が上がる

  • 顧客満足度が上がる

  • 適切な情報を短時間で収集できる


1つずつ解説します。

従業員の効率が上がる

外部に委託することで、自社における業務の効率化が図れます。

顧客リストの上から順に電話をかけていく単純な作業に見えますが、個人相手の場合は特に、一度でつながるケースはほとんどありません。調査担当者以外へ折り返し電話の引継ぎを行う必要があり、結果的に通常業務を中断させます。

調査を外部に任せれば、調査に関わる電話の一切が省けるため、従業員が業務に集中できます。

顧客満足度が上がる

調査会社に任せることで、顧客満足度が上がります。

電話調査において大切なことは、対象から調査目的を上手く聞き出すことです。各調査会社はスタッフの育成の際に特に、トークスキルの充実を図っています。トークのプロに任せることで、通話先のお客様に失礼がなく、対外的なイメージアップにもつながります。

適切な情報を短時間で収集できる

リサーチのプロである調査会社に任せることで、適切な情報を短時間で収集できます。

個人から法人まで幅広い実績のある調査会社であれば、培ったノウハウと臨機応変な対応力、高いビジネスリテラシーも期待できます。会話情報を記録する独自ツールも備えており、短時間で大量のデータ収集も可能です。

電話調査会社を選ぶポイント

電話調査会社を選ぶポイントは、次の2つです。

  • 料金

  • 経験と実績


料金

電話調査の大きなメリットである低コストを活かすためには、外部委託の料金もしっかりと確認すべきです。料金体系は各調査会社によって異なりますが、コール数(実際に電話をかける回数)やサンプル数(電話調査回答者数)が価格設定の目安となります。

見積もり依頼や調査ボリュームに対して割引があったり、設問数で追加料金があったりとオプションにも違いがあります。希望する調査規模に応じて見積もりを取り、複数会社での比較が大切です。

経験と実績

経験や実績も電話調査会社を選ぶポイントです。調査期間が限られている場合は、短期間で大量のデータ収集が可能な、席数やブースの大きさを強みとする会社が向いています。

時間よりも質を求める場合は、調査目的とするテーマに知見があり、豊富な実施経験があるか確認します。対企業・対個人のどちらを得意分野とするかも重要なポイントです。

おすすめの電話調査代行サービス

おすすめ電話調査代行サービスの実例として、次の3社を解説します。

  • 業界屈指のリピート率を誇る「ベルウェール渋谷」

  • 日本最大級の規模「アダムスコミュニケーション」

  • 質の高いアンケート調査「オフィスジャパン」


業界屈指のリピート率を誇る「ベルウェール渋谷」

ベルウェール渋谷は2万社以上の豊富な契約実績があり、業界でも指折りのリピート率を誇ります。

提供する電話調査サービスでは、ターゲットの絞り込みに始まり、データの効率的な収集施策の提案、調査実施のアフターフォローまで一貫してサポートしています。経営におけるマーティングリサーチを重要視し、法人業況や競合製品の利用実態、顧客満足度調査などに活用できます。

日本最大級の規模「アダムスコミュニケーション」

アダムスコミュニケーションは、日本最大級のキャパシティを持つ電話調査会社です。コンタクトセンターの席数は国内3か所で合計200席以上あり、短い時間で多くの調査対象に調査を実施できます。

対企業の電話調査を得意とし、一般企業や同業である調査会社、マスコミなど幅広い顧客に利用されています。顧客満足度商品の利用実態、価格調査など調査ジャンルも多岐に渡ります。

質の高いアンケート調査「オフィスジャパン」

オフィスジャパンでは、質の高い電話対応スキルを活かしたテレマーケティングサービスを提供しています。長年培ったノウハウと経験によって目的に見合ったトークスクリプト(対応台本)を作成し、顧客に提案、調査の実施を行います。そのため、対象となる市場の最新情報や顧客の本音を探ることが可能です。

新規製品の開発に役立つ顧客ニーズの調査や消費者が商品を購入した動機など、対個人の調査を多く取り扱っています。

電話調査は外部に委託して効率よく的確な情報を

電話調査は、商品サービスに対する顧客の評価や市場の動向を知るために有効です。飲食や小売業において、調査で得た情報をいかにすばやく新規開発や改善に導入できるかが競合ひしめく市場で生き残る手段と言えます。

調査を外部委託すれば、効率的な調査と的確な情報の収集が可能です。調査会社は「どうすれば的確に情報が得られるか」最適な方法を探り、提案してくれます。

外部委託を行うことで従業員の業務効率化を図り、プロのトークによって顧客満足度や企業イメージアップも期待できます。料金や実績を比較検討し、希望する調査に最適な一社を選ぶことが大切です。

 
 

【口コミを売上に変える!】最新セミナー&レポートのご紹介

口コミラボでは、集客・Webマーケティングに課題を抱える店舗のご担当者様向けに

「口コミを集めて売上につなげたい」
「ネガティブな口コミが投稿された…どう対処すればいい?」
Googleマップや口コミ管理をもっとカンタンにしたい」

といったお悩み・課題解決を支援すべく、最新レポートの公開やセミナーの実施などを行っております。

Googleビジネスプロフィール&MEO、1時間で"ゼロ"から攻略!


Googleマップ上の店舗・施設情報を管理するツール「Googleビジネスプロフィール」や、Googleビジネスプロフィールなどを用いて店舗・施設情報を最適化する施策「MEO」について、

「よく知らない」
「ゼロから教えてほしい」

という方向けに、セミナーを実施いたします!日程は9月28日(水)15時〜16時です。

セミナーに申し込む(無料)

“ここでしか学べない“Googleビジネスプロフィールの最新ノウハウを無料で提供中!

仕込みの合間に通うお店の学校「口コミアカデミー」では、GoogleマップGoogleビジネスプロフィールの教科書を無料で公開いたしました!

Googleビジネスプロフィール ダイアモンドプロダクトエキスパートとしてGoogleから公式に認められている永山氏監修のもと作成した、“ここでしか学べない“内容となっております。

飲食店・観光施設・小売店・宿泊施設などの店長や店舗マーケター向けに、最新のWeb集客手法を【無料】でご提供いたします。

「Googleマップの教科書」を見てみる

【最新】Googleマップ・ビジネスプロフィール更新情報レポート


毎月GoogleマップGoogleビジネスプロフィール(マイビジネス)などの最新情報をお届けする「MEO・口コミマーケまとめ 【2022年7月版】」です。

Googleビジネスプロフィール(マイビジネス)をはじめ、ローカル検索対策や口コミマーケティングに役立つ情報が満載です!ぜひご一読ください。

Googleマップ・MEOの最新情報を知る【資料DL】

ネガティブな口コミへの対処法


Googleマップなどの口コミは、ネガティブな意見が入ることも・・・。

  • 批判的な口コミが入ってしまった。どうしよう・・・
  • 悪い口コミは消せないの?
  • 返信するときはどういう風に書いたらいい?

本資料では、このようなギモン・お悩みにお答えします。

ネガティブ口コミへの対応方法を知る【資料DL】

Googleビジネスプロフィールの「インサイト」活用マニュアル


Googleビジネスプロフィールの「インサイト」は、Googleのローカル(地域)検索で「検索者がどれくらい見ているか」「どれくらい行動に移したか」など、ここでしか見られない情報が集まっている解析データです。

そんな「インサイト」を活用するためのマニュアルを作成しました!

Googleビジネスプロフィールのインサイトについて知る【資料DL】



関連するオススメ記事

    この記事の筆者

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部

    口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。