年末大掃除のついでに!「Googleマイビジネスの大掃除」4つのポイント

コロナ禍をきっかけに急速にデジタル化が進んだ今、実店舗における集客施策として注目されているのが、Googleマップ上の店舗情報をオーナーとして管理できる無料ツール「Googleビジネスプロフィール(旧名称:Googleマイビジネス)」の活用です。

Googleマップ上の情報を定期的に更新することで、ユーザーに店舗の状況や魅力を正しく伝え、来店に繋げることができます。

しかし、日々の業務に追われる店舗経営者やスタッフの方の中には、Googleビジネスプロフィールの更新がなかなかできていなかったという方もいるでしょう。

本記事では、Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパートの永山卓也氏監修のもと、Googleビジネスプロフィールでまず整理しておくべき4つのポイントをご紹介します。

年末の大掃除のついでに、Googleマップ上の情報もお掃除してみませんか?

関連記事
今すぐやろう!年末年始のGoogleマイビジネス対策【エキスパートに聞く!業種別GBP活用講座 vol.10】

口コミラボのメールマガジンに登録する

永山卓也 - Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパート/「口コミコム」テクニカルアドバイザー&「訪日ラボ」アドバイザー

ローカルビジネスコンサルティング、店舗マネジメント業を行い、 デジタル、アナログ両面で小売・飲食・宿泊業、観光業に豊富な経験。各都道府県の地方自治体、地域団体などを中心にセミナー、講演実績多数。観光庁 インバウンドの地方誘客促進のための専門家。Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパート。Google Maps, Google広告プロダクトエキスパート。東京観光財団 観光おもてなしアドバイザー。株式会社movが運営するお客様の声のDXサービス「口コミコム」テクニカルアドバイザー&インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」アドバイザー。

1. 店舗と関係のない写真を整理しよう

1つ目のポイントは、写真です。写真は、視覚的に店舗の魅力を伝えられる重要な情報の1つです。

写真はどこに表示される?

Googleマップの写真は、PC画面においては、以下の画像の場所などに表示されます。

検索画面においてもマップ上においても、目に入りやすい位置に表示されることから、写真の管理は重要なポイントとなります。


写真にはオーナーが投稿したものとユーザーが投稿したものがある

写真は主に、「オーナー投稿」(お店側が投稿した写真)と、「ユーザー投稿」(ユーザー側が投稿した写真)に分かれます。

写真はまず、お店側で入れている写真に古いものが無いか確認しましょう。

お店側の写真の確認は管理画面の写真項目にある「オーナー提供」のタブで確認できます。

そのうえで、現在取り扱っていない商品や、既に店舗外観が変わる前の写真、あっても来店、利用を促さない写真がないかチェックします。

期間限定の商品・サービスにまつわる写真の整理がポイントに

ここでポイントになるのが、季節商品など、期間限定の商品・サービスにまつわる写真です。

春や夏のみ期間限定で取り扱っているものは、そのまま冬に掲載されていること「今取り扱っていないもの」を掲載していることになるのでそのままでは誤解を招く可能性もあります。

ただし、こういった写真は削除だけすればいいのか というと、ちょっと違います。シーズン前からどのようなメニューを取り扱っているかを事前確認するような検索意図もあるため、そのまま削除するのではなく、その写真に画像編集アプリなどを用いて画面隅に「この商品は夏季限定になります」と言った文字を加え、再度アップロードしておくといいでしょう。

ただし写真の中心部分に画像編集でテキストを入れることはポリシーに抵触してしまいます。

ヘルプに書かれている「テキストは画面隅に10%ルール」があることに気をつけて編集、投稿して下さい。

さらに写真の編集でいうと、料理や商品イベント写真だけではなく、宿泊施設であれば「どのグレードのお部屋の写真なのか」であるとか、施術サービスであれば「どのプランの写真なのか」などの説明があれば非常にわかりやすくできます。手間にはなりますが、写真一覧から検索者が得られる情報が豊富になります。

普段はなかなかそこまでの編集ができませんが、もし年末年始で余裕があればぜひトライしてみてください。(年末年始がかきいれ時の業種業態の方はお疲れ様です!繁忙期が落ち着いてから取り組んでくださいね)

写真を削除することによる順位への影響は?

また、俗に言う、ローカルSEOやMEOに代表される検索対策の側面からは、単純に削除してしまうと順位が落ちてしまうのではないか という疑問が生じる方もおられると思います。

そういう意味では、削除する分だけ新しい情報を持った写真を入れる ということを心掛けるといいでしょう。

閲覧実績が多い写真の削除をして新しい写真を投稿すると、閲覧実績が消えるのでマイナスになるのでは?という疑問もあると思いますが、特定の写真の閲覧回数が検索順位に対して与える影響は、極わずかで正直無視できるレベルなので、むしろ写真を見た検索者の誤解を解消したり、伝えられる情報が増えた事による来店、利用訴求の方が確実に良い影響を生むので、ご安心ください。

ユーザー投稿の写真の管理も

そして次に、ユーザー投稿の写真です。

これはお店側の投稿と仕組みが異なり、オーナー権限があっても自由に削除できないシステムになっています。あくまで「Googleに問題を報告する」というもので、確実に削除されるわけではありません。

ですが、問題になりそうな写真は可能な限り報告しておくといいでしょう。

なお、写真が問題として削除される基準は「ポリシーに違反していないか」になります。

また、明らかな問題であってもGoogleが機械的に解決できず、サポートでも審議判断できない場合、削除されないケースも非常に多いです。

その場合は投稿機能や写真を定期投稿や可能な限りテキストで説明を加えた写真をアップロードしていくことである程度悪影響を防ぐことができます。

まとめると、利用者からの投稿写真は玉石混交ではありますが、先述したとおりシステム的な面で全ては削除できません。

むしろユーザーから写真を投稿していただけているという状態はGoogleも評価対象にしています。あくまで「明らかにマイナスしか生まない写真」の問題を報告し、削除されなかった写真に関しては、店側の写真で誤解を生まないようにする投稿を行い、影響を少なくすることが大事です。

写真を削除する方法

では、ここからは写真を削除する手順を説明していきます。いったん、旧来の管理画面(現名称はGoogleビジネスプロフィールマネージャ)を例に解説します。

オーナー投稿の写真の場合、まずGoogleビジネスプロフィールの管理画面を表示し、左のバーの「写真」を選択します。


削除したい画像を選択します。


右上のゴミ箱のボタンを選択します。


「削除」を選択します。


以上でオーナー投稿の写真の削除は完了です。

ユーザー投稿の写真の場合は、先述の通り確実に削除できるわけではなく、ガイドラインに違反する不適切な写真のみ、Googleに報告することで削除してもらえます。

削除したい写真を開き、右上の旗マークをクリックします。

写真を削除したい理由等を記入し、「送信」をクリックします。

以上の手順を経て、Googleが報告を承認すれば削除されます。

2.「属性」情報を整理しよう

2つ目のポイントは、属性です。そもそもGoogleビジネスプロフィールにおける「属性」とは何か、また属性情報を編集する方法について解説します。

「属性」とは?

Google の施設情報における属性とは、店舗・施設の特徴や、対応しているサービスをチェックの選択で「何に対応していて何に対応できないのか」を表示できる機能です。

例えば「テラス席の有無」や「Wi-Fiの有無」「車いす対応」「ペット不可」などの情報を示すことができます。

さらに新型コロナウイルスの感染拡大以降、「スタッフの検温あり」「要マスク」「要座席予約」といった項目も選択可能となりました。

関連記事
Googleマップ、マスク着用・体温チェックなど「健康・安全」情報を追加可能に

この仕組みは、店舗のメイン業種カテゴリで項目が決定されます。かなり業種設定によって項目が変わりますのでご注意ください。


なお、ポイントとして、この属性情報はマイビジネス(ビジネスプロフィール)からの設定だけでなく、Google Mapsのアンケートや、利用者からの情報修正提案でも変化するので、気づかないうちに意図しない設定になっていることがあるので、要チェックです。

加えて、2022年に停止予定であるGoogleマイビジネスのスマホアプリではこの設定項目がありません。PCか、スマホであればブラウザからログインして「情報」項目の中の属性をチェックしてみてください。

属性情報を編集する方法

では、属性を追加するにはどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでも、旧来の管理画面(現名称はGoogleビジネスプロフィールマネージャ)を例に手順を解説します。

まずGoogleビジネスプロフィールの管理画面から「情報」を選択します。


「ビジネス所有者提供情報」の編集アイコンを選択します。


一番上の検索窓で、追加したい属性のキーワードを入力して検索できます。


「+」アイコンを一度クリックすると「当てはまる」、さらにもう一度クリックすると「当てはまらない」という表示になります。全て選択したら「適用」をクリックします。


属性情報を追加する手順は以上になります。

関連記事
Googleビジネスプロフィールの属性とは?追加する方法・メリットを紹介

3.昔の口コミ・口コミ返信を見直そう

3つ目のポイントは、過去の口コミやそれに対する返信です。

画像や属性などの基本情報だけでなく、顧客による口コミで発信された情報や、返信した内容がすでに古い情報となっている場合もあります。

これもなかなか普段は行えないので、誤解を生まないためにもまずは過去の口コミ、返信を確認してみましょう。

過去の口コミを確認する方法

ここでも、旧来の管理画面(現名称はGoogleビジネスプロフィールマネージャ)を例に手順を解説します。

管理画面の「クチコミ」を選択します。


過去の口コミを確認することができます。口コミの内容や返信の内容に古い情報があった場合は、返信を編集するなどして対応しましょう。

全消し、全編集というよりは、情報を加筆し、追記のような形で記述されると、時系列もわかり、口コミの投稿主にも誤解を招かず、情報も伝わるのでオススメです。


なお、Googleのルールに反する不適切な口コミはこちらから報告することができます。


4.年末年始〜来年の営業時間を設定しよう

4つ目は営業時間です。

営業時間は、新型コロナウイルスの流行により多くの店舗が変化を求められたポイントでもあります。また年末年始には、通常とは異なる時間で営業を行う店舗もあるでしょう。

営業時間が変化しやすい現在、顧客が店舗の営業時間を正しく把握するためには、Googleビジネスプロフィールの設定が不可欠です。

営業時間を編集する方法

ここでも、旧来の管理画面(現名称はGoogleビジネスプロフィールマネージャ)を例に手順を解説します。

まずGoogleビジネスプロフィールの管理画面から「情報」を選択します。


「時計」の横の「編集アイコン」を選択します。


各曜日の営業時間を入力し、「適用」を選択します。


以上で営業時間を編集する手順は完了です。

年末年始は「特別営業時間」を活用しよう

Googleビジネスプロフィールには、休日や祝日、イベントなどの特殊な日に、一時的に営業時間が変わることを告知できる機能があります。それが「特別営業時間」です。

特別営業時間の設定を行うことで、年末年始などのお休みや営業を伝えることができます。

応用する形で、投稿記事やビジネスの説明などにも投稿、明記しておくといいでしょう。

「臨時休業設定」もあるのですが、基本的に無期長期に渡って休業するわけでなければこの特別営業時間を使うほうがおすすめです。理由としては、臨時休業設定をすると、まれに反映に時間がかかり、営業しているのに臨時休業から戻らなかったりするトラブルがかなり多いためです。

では、ここでも旧来の管理画面(現名称はGoogleビジネスプロフィールマネージャ)を例に手順を解説します。

まず管理画面から「情報」の画面を表示し、「カレンダー」の右の「編集アイコン」を選択します。


特別営業時間を入力し、適用を選択します。


以上で特別営業時間の設定は完了です。

この時注意したいのが、特別営業時間の編集内容はGoogleのシステムによって審査される仕組みがあり、設定したもののすぐに反映されるとは限らないという点です。早め早めの設定を心掛けるようにしましょう。

Googleビジネスプロフィールの大掃除をして、気持ちよく次の1年をスタートしよう!

本記事では、Googleに表示される写真や属性、口コミや営業時間の編集方法について解説しました。

顧客がGoogleマップ上で最新の情報を把握できるようにすることは、店舗のデジタル集客において欠かせない要素となってきています。

身の回りの大掃除に取り組むこの機会に、「Googleビジネスプロフィールの大掃除」にも取り組んでみてはいかがでしょうか。

口コミラボのメールマガジンに登録する

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。