デジタルマーケティングとは?具体的な施策や戦略の立て方をわかりやすく解説!

デジタルマーケティングとは、デジタル技術を活用して集客や購買促進を図るマーケティング手法のことです。

「対面営業や店舗での売上が伸び悩んでおり、今後はデジタルマーケティングに力を注ぎたい」という担当者の方も多いかもしれません。

ただ、デジタルマーケティングにはホームページの運営やSEO対策、口コミ対策などさまざまな施策があるため、自社の課題に合わせて最適なものを活用することが重要です。

そこで今回は、デジタルマーケティングのメリットや具体的な施策、戦略の立て方などについて分かりやすく解説します。

そもそもデジタルマーケティングとは?

そもそもデジタルマーケティングとは、どのような取り組みのことを指すのでしょうか。
ここでは、デジタルマーケティングの意味やWebマーケティングとの違いについて解説します。

1.デジタルマーケティングの意味

デジタルマーケティングとは、デジタル技術を活用して集客や購買促進を図るマーケティング手法のことです。例えば、「WebサイトやSNSで商品の魅力を発信する」「来店データや検索履歴を収集し、顧客ニーズを探る」「顧客の関心度に合わせて、最適な文面のEメールを送る」といった手法が挙げられます。

近年は誰もがインターネットを通じて、商品の口コミや価格情報などを収集している時代です。また、AR・VRやデジタルサイネージなど、新たな広告媒体も次々に浸透し始めています。だからこそ、企業としてもマスメディアだけに頼らず、デジタル施策を通じて顧客とより幅広い接点を持つ必要があるのです。

2.Webマーケティングとの違いは?

デジタルマーケティングと似た言葉に、「Webマーケティング」があります。

Webマーケティングとは、名前のとおりWebを通じて顧客にアプローチするマーケティング手法を指します。例えば、WebサイトやWeb広告、SNS、SEO対策、MEO対策、アフィリエイトが代表的です。Web上のコンテンツを充実させることで集客したり、商品の購入へつなげたりという施策を意味しています。

一方のデジタルマーケティングは、上記に挙げたWeb上の施策に加え、デジタル技術全般を活用します。例えば、スマートフォンアプリ、MA(マーケティングオートメーション)、AR・VR、デジタルサイネージなどが代表例です。

そのため、デジタルマーケティングは、Webマーケティングよりも包括的なマーケティング手法だといえます。

デジタルマーケティングのメリットとは?

デジタルマーケティングに取り組むことで、企業にどのようなメリットがあるのでしょうか。
ここでは大きく3つの利点について解説します。

1.アプローチできる層が広がる

デジタルマーケティングによって、集客のチャネル(媒体)が広がる点は大きな魅力です。近年は誰もがスマートフォンを持ち、アプリやインターネットで情報収集しています。

そのため、検索結果に連動させて広告を表示させたり、SNSで情報を発信したりすることでより幅広い顧客層にアプローチが可能です。

2.顧客のニーズに合わせてアプローチできる

デジタルマーケティングの特徴は、顧客に関するビッグデータを活用できる点です。

例えば、見込み顧客の「年代」や「性別」、「使用したデバイス」、「閲覧したサイト」、「ページに訪問した回数」など、商品購入にいたるまでの履歴をリアルタイムに把握できます。こうしたデータから顧客のブランドに対する関心度を把握し、最適なタイミングと手法でアプローチをかけることが可能です。

顧客のニーズに合わせて商品をPRできるため、より効果的に集客や購入促進を図りやすくなるでしょう。

3.コストの削減・生産性アップにつながる

従来の集客手法では、営業が1件1件電話をかけたり、チラシを投函したりと多くの人力が必要でした。ただ、デジタルマーケティングは主にオンライン上で施策が完結するため、省人化を図りやすくなります。

例えば、AIのチャットボットを活用すれば24時間顧客の問い合わせに自動で対応でき、ECサイトから商品の購入につなげることも可能です。結果として、人件費の削減や社内の生産性向上にもつながります。

デジタルマーケティングの主な施策とは?

デジタルマーケティングには、具体的にどのような施策があるのでしょうか。
ここでは、代表的な6つの施策について解説します。

1. Webサイト運営

デジタルマーケティングは、自社のサービスサイトやECサイトに集客することを目的としている場合が多いといえます。

Webサイト内のコンテンツ、デザイン、構造などを設計、戦略を立て、実行します。また、実行後の効果検証も大切です。

2. SEO対策

SEO(Search Engine Optimization)対策とは、自社のWebサイトを検索結果の上位に表示させるための施策です。

自社サイトの表示スピードを上げるなどの内部対策、他サイトからの被リンク数を増やすなどの外部対策が有効です。

また、SEO対策ではキーワード対策が大きな領域を占めます。基本的には、コンバージョンしやすいと考えられるキーワードで検索結果の上位表示を狙います。

3. MEO対策(ローカルSEO対策)

MEO(Map Engine Optimization)対策とは、Googleマップ上の店舗・施設情報を充実させ、Googleマップ上で上位表示する、あるいはその先のコンバージョンを狙う施策のことです。

Googleでは「地名+料理名」(または単に料理名)で検索すると、近隣にある飲食店の情報がGoogleマップ上に表示されます。自社の店舗がGoogleマップ上に表示されることで、多くの見込み顧客にお店を知ってもらい、来店につなげることが可能です。店舗型ビジネスを展開する企業にとっては、必須の対策といえるでしょう。

具体的な施策としては、Google ビジネス プロフィール(旧「Google マイビジネス」)に正確な店舗情報を入力したり、口コミを集めたり、店舗・施設情報と紐づけられるWebサイト上の情報を充実させたりと言ったものがあります。

4. デジタル広告

デジタル広告とは、デジタル媒体で掲載する広告のことをいいます。例えば、YouTubeのような動画サイトで配信する「動画広告」、自社サイトを検索結果の上位に表示させる「リスティング広告」、サイト離脱後のユーザーを追いかけて再度訪問を促す「リターゲティング広告」などが代表的です。

見込み顧客の属性や行動履歴に応じ、最適な内容の広告を表示させることで、スムーズにサイトへの集客を図れます。

5. SNSマーケティング

SNSマーケティングとは、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSを活用するマーケティングのことです。例えば、自社の公式アカウントでこまめにキャンペーン情報を発信し、集客やファン獲得につなげる方法があります。

また、SNSのタイムライン上に広告を掲載し、商品をPRすることも可能です。普段多くの人に利用されているSNSだからこそ、上手に活用すれば多くの見込み顧客と接点を持てるでしょう。

6. マーケティングオートメーション(MA)

マーケティングオートメーション(Marketing Automation)とは、専用のソフトウェア(MAツール)を導入してマーケティングの作業を自動化することです。

例えば、「顧客情報の管理」や「顧客属性の分析」、「顧客へのDMの送信」などをツールで自動化できます。

見込み顧客の関心レベルに合わせて、メールの頻度や内容、タイミングを最適化できるため、よりスムーズに顧客化を実現することが可能です。

デジタルマーケティングの戦略の立て方とは?

デジタルマーケティングを進めるときには、どのように施策を決めればよいのでしょうか。
ここでは、デジタルマーケティングの戦略の立て方を4つのステップで解説します。

1.デジタルマーケティングの目的を明らかにする

デジタルマーケティングを始める際は、いきなり施策を選ぶのではなく、目的を明確にすることが大切です。例えば、「見込み顧客を開拓する」「見込み顧客を顧客化し、商品の売上を伸ばす」などが考えられます。こうして最初に目指すゴールを決めておくことで、戦略も立てやすくなります。

2.ターゲットの行動を設計する

「見込み顧客が商品を知り、購入するまでの流れ」を視覚化したものをカスタマージャーニーマップと呼びます。施策を選ぶ前に、カスタマージャーニーマップでターゲットの行動を想定することも大切です。

具体的には「認知」→「情報収集」→「比較検討」→「購入」などに分け、見込み顧客の行動や企業との接点を考えます。あらかじめ緻密に導線を設計しておくことで、必要な施策も決めやすくなるでしょう。

3.施策を組み合わせる

ターゲットの想定行動に合わせて、複数の施策を組み合わせます。

例えば、「認知」のフェーズでは動画広告、「情報収集」のフェーズではリスティング広告、「比較検討」のフェーズでは自社サイトの充実化といった具合です。施策を単体ではなく一連の流れで考えると、より高い効果につなげやすくなります。

4.施策のKPIを決める

施策を実行する前には、KPI(達成すべき目標)を定めておくことも重要です。

例えば、デジタルマーケティングの施策全体では「受注件数○○件」、リスティング広告であれば「クリック率○○%」というように設定します。あらかじめ目標を決めておくことで、効果の振り返りや改善につなげやすくなるでしょう。

まとめ

デジタルマーケティングの手法は、業界やビジネススタイルによって異なります。例えば、飲食店や小売店をはじめとする店舗型ビジネスであれば、より消費者にとって身近なGoogleマップやSNSなどの施策から始めるのも有効です。自社の現状やターゲットの導線も考慮し、施策を考えるようにしましょう。

「口コミコム」は、店舗型ビジネスにおけるMEO対策(ローカルSEO対策)を支援するサービスです。各店舗に関する口コミを一括で管理・更新できるほか、常に最新の情報を消費者に届けられます。集まった口コミやGoogleマップへのアクセス数を分析し、施策の改善につなげることも可能です。

ぜひ店舗型ビジネスにおけるデジタルマーケティングをご検討の際には、口コミコムにご相談ください。

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。