今すぐやろう!年末年始のGoogleマイビジネス対策【エキスパートに聞く!業種別GBP活用講座 vol.10】

各業種におけるGoogleマイビジネスGoogleビジネスプロフィール)の活用方法について、Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパートの永山卓也氏とざっくばらんに語る連載企画「エキスパートに聞く!業種別GMB活用講座」。

今回は、前編・後編に分けて「居酒屋Googleビジネスプロフィール活用」をお届け。

前編では年末年始の対策として、忘年会・新年会などで需要が高まる居酒屋における活用をメインに、居酒屋以外の業種でもできる活用方法を紹介していきます!


Googleマイビジネスは、2021.11.5よりGoogle ビジネスプロフィールという名称に変更されました。
現時点では投稿機能など、機能面での大きな変更は発表されていないため、従来のGoogleマイビジネスの機能に沿って解説していきます。
参照:Ads & Commerce BlogGoogle ビジネス プロフィール ヘルプ


<プロフィール>

永山卓也 - Googleビジネスプロフィール ダイヤモンドプロダクトエキスパート/「口コミコム」テクニカルアドバイザー&「訪日ラボ」アドバイザー


ローカルビジネスコンサルティング、店舗マネジメント業を行い、 デジタル、アナログ両面で小売・飲食・宿泊業、観光業に豊富な経験。各都道府県の地方自治体、地域団体などを中心にセミナー、講演実績多数。観光庁 インバウンドの地方誘客促進のための専門家。GoogleビジネスプロフィールGoogleマイビジネス)ダイヤモンドプロダクトエキスパート。Google Maps, Google広告プロダクトエキスパート。東京観光財団 観光おもてなしアドバイザー。株式会社movが運営するお客様の声のDXサービス「口コミコム」テクニカルアドバイザー&インバウンド業界最大級メディア「訪日ラボ」アドバイザー。

石橋美奈子 -株式会社mov マーケティング部 口コミラボ編集


株式会社mov マーケティング部。オウンドメディア「口コミラボ」創業期からインターン(当時)として参加。
現在は「口コミラボ」記事の企画、取材、執筆、編集を担当。

口コミラボのメールマガジンに登録する


今すぐやろう!年末年始のGoogleビジネスプロフィール対策「居酒屋」編

石橋:
今回も業種別のGoogleビジネスプロフィールGoogleマイビジネス)活用について、永山さんとざっくばらんにお話ししていきます。よろしくお願いします!

永山:
よろしくお願いします!

石橋:
最近は感染拡大が少しずつ落ち着き、ワクチン接種も進んできた中で、忘年会・新年会の需要が昨年よりも増える可能性があるのではということで、居酒屋のGoogleビジネスプロフィールGoogleマイビジネス)活用について伺いたいです!

永山:
はい。居酒屋の活用方法はちょっと長くなりそうなので、前編・後編に分けて述べていきたいなと。

前編は、「年末年始のGoogleビジネスプロフィールGoogleマイビジネス)対策」を、4つのポイントに分けてお話ししていきます。

比較的居酒屋以外でも参考にできる方法です。

例えば他の飲食店はもちろんですし、美容室や観光、小売店の方などにも見ていただけたらいいんじゃないかと思います。

石橋:
楽しみです…!お願いします!!

1. 営業時間情報を発信しよう。変わらない場合も「変わらない」と発信を

永山:
まず、居酒屋はコロナ禍で最も大きく影響を受けた業種の一つですよね。時短・休業が要請されるなど、営業時間の変更や休業を余儀なくされました。

そこで、ネット上の営業時間情報の更新が追いつかない店舗が多い、という話が持ち上がりましたね。

石橋:
弊社が4月に行った調査では、都内の飲食店500店舗のうち、52%が間違った営業時間をGoogleマップに掲載していたことがわかりました。

関連記事
52%の飲食店が「間違った営業時間」をGoogleマップに掲載

自分がユーザーとして利用する際も、営業時間を信じて行ってみたら閉まっていたという経験があったりしますね…。

永山:
はい。

さらに年末年始に営業時間を変更する場合、検索結果や地図に表示されるローカル情報の営業時間を更新できていない場合がよくみられるわけですね。

石橋:
年末年始は特に休業・時短するお店も多いので、営業しているのかしていないのか、不安になったりしますね。

特に居酒屋は、夜遅い時間に行ったりする方もいるでしょうし。

永山:
そうなんですよね。なので、年末年始で営業時間が変則的になる場合には、必ず変更しましょう。

まず特別営業時間を設定し、そのあと投稿、ビジネスの説明文でも発信します。ユーザーがどこを見て判断するかわからないので、いろいろな箇所で言及しておきましょう。

そして、ここからが重要なんですが、「いつも通りの営業を行っている場合でも、変わらないことを発信」しましょう。

理由としては、営業時間をそのままにしておくと「変わっていない」こと、そのものが分からないからですね。「営業時間はそのままですよ」とプロフィール上に表示されるわけではないので、投稿やビジネスの説明文での発信が重要になります。

石橋:
なるほど。「営業時間は変わっているけど、更新できていない(間違っている)」のか、「変わっていないから、変えていない(営業時間は合っている)」のかがわからないわけですね。

変わっていないことが発信できていれば、お客様も「この営業時間、合っているのかな…」と不安にならずにすみますし、せっかく営業しているのに来るのを諦められ、機会損失を生んでしまうのも防げますね!

永山:
はい。あとは、Twitterでも発信したんですが、年末年始の営業時間や休業日が決まったら、特別営業時間を早めに設定しておくと安心です。

直前に設定すると反映まで時間がかかったり、「審査中」と表示されたままになり反映されなかったりするためです。

特別営業時間 設定
▲年末年始に向けて、特別営業時間の設定を:永山氏のTwitter投稿

参考:永山氏のTwitter投稿

石橋:
反映できなかったり時間がかかったりしてしまうんですか。それはまずいですね…。早め早めの行動が肝心ですね!

2. 「年末年始」関係のキーワードとの関連性を高めよう

永山:
2つ目は「年末年始」関係のキーワードとの関連性を高めよう、という話です。

年末年始は通常の検索語句に加え、「忘年会」「新年会」「元旦営業」といった、この時期特有の様々なキーワードでも検索されます。

引っかからないのであればGoogleにもちゃんと認識してもらえるように、投稿機能や自社他社問わず掲載サイトで情報発信しましょう。

今、年末年始の約1か月前なので、現在引っかかっていないのであれば、これらの語句が引っ掛かるかのタイミングとしては本当にギリギリです。一刻も早く情報掲載を開始したいところです。

石橋:
なるほど!

通年通して情報発信していないからこそ、紐付いていない可能性は高いですもんね。

他にどんなキーワードがあるでしょうか?

永山:
先ほどの「忘年会」「新年会」とかもありますし、例えば、居酒屋でも年末年始ならではのメニューがありますよね。

クリスマスケーキやクリスマスディナー、おせちなんかもそうですね。

また、その季節限定の食材、旬の魚や野菜を使っているメニューがあるのであれば、それらも発信して関連性を高めていくといいでしょう。

石橋:
なるほど。

ただ、「早めに発信しておこう」というのはわかるんですが、まだ食べられないメニューを発信するというのに少し違和感があったりします…。その辺はいかがでしょうか?

永山:
確かに、「季節限定の商品メニューが始まってもいないのにもう情報発信しても来店に結びつかないのでは」という疑問はもっともです。

こういった商品メニューの発信は、戦略や意図によっていくつかの要素に分けることができます。

1. 「すぐ利用したい人に魅力を伝え、来店に結びつける」要素。
これは今やっている事が大前提になるので、この意図だけだと事前に発信する意味は薄いわけです。

しかし商品やサービスによっては

2. 「それを見た人が事前に知ることで予約に結びつけたり今後の利用に結びつける」
という要素が大事な場合もあります。

さらに
3. 「その季節メニューが始まる前に予めGoogleにメニューをきちんと認識してもらい検索に関連づけてもらう」
というSEO的な要素もあります。

石橋:
なるほど。全ての人が、調べてからすぐに来店するわけではないですもんね!

永山:
はい。検索でひっかからなければ機会そのものが失われるとも言えるわけですから、引っかからない場合には特に注意ですね。

Googleに関連性を認識してもらうためには、そのメニューが始まってから発信するのでは間に合わなかったりするので、「告知として発信」という意味合いも込めて発信するといいですね。

居酒屋でもそれ以外の業種でもいいんですが、年始におせちを販売する場合、おせちは11月くらいから予約受付が始まりますから、早めに告知していたりしますよね。

年末年始のメニューも、「告知」として早めに発信していけばいいんです。

石橋:
確かに、言われてみればそうですね…。

永山:
あとは仮に検索で、目的の季節語句が引っかかっていない場合は関連付けられるまでの時間も考慮すると、少しでも早く発信していただいたほうがいいでしょう。

スケジュール感で言えば、1月ごろから、春先に向けて歓送迎会などの発信も織り交ぜながら発信するくらいの感じがいいですね。

石橋:
なるほど!

永山:
はい。2021年年末〜2022年は去年より人出が増えることも予想されます。

今後の居酒屋の来店需要も考えると、先手先手で準備しておくのが良いでしょう。

3. メニュー・コースを明確に&魅力を伝えよう

永山:
この連載でほぼ毎回言及しているような気がしますが(笑)、メニューやコースの内容を明確に伝えることが重要です。

石橋:
そうですよね!

忘年会、新年会だったら、食べ放題、飲み放題も多そうですね。

永山:
そうですね。まず、年末年始でコースや食べ飲み放題に変更があったり、限定のメニューがあったりするのであれば、それを発信しましょう、メニュー機能も使って情報を入れましょう ということです。

先述したようにキーワードとの関連性を高めることもできますし、いつもとの違いを明確にしておくことで問い合わせの手間を省いたり、クレームを防ぐことにもつながります。

石橋:
居酒屋では飲み放題を提供しているお店も多そうですね。

食べ放題は第4回で特集しまして、例えば「食べ放題のシステム前提の店舗、もしくは単品提供していていくらかお金を払うと食べ放題になる店舗、どちらなのかを伝える」「どのメニューが食べ放題なのかなどの情報を伝える」といった施策がありましたが、飲み放題ならではの特徴ってありますか?

永山:
まず、飲み放題の対象になっているドリンクがどれかですね。飲み放題の中身を重要視している人もいるので、それを発信します。

例えば生ビールは飲み放題に入っていないという場合、生ビールが好きで、飲み放題だと思っていた人にはちょっとショックですよね。

食べ放題の場合はお店によって料理が全然違いますが、飲み放題はお客様側で「これは共通だろう」と思っている部分があるので、誤解を生まないように発信しておくというのはあると思います。

石橋:
なるほど。それもクレームを防ぐことにつながりそうですね。

永山:
つまりは「ビールが飲み放題になっているお店」という前提で選ぶ人もいるかもしれませんから、提供しているならそれを伝えた方がいいわけです。

他に特に力を入れて揃えているお酒があるなら、それも伝えた方がいいです。〇〇も飲み放題ですよ、梅酒の種類がたくさんありますよ、地酒もありますよ、とか。

せっかくの魅力も知られなければ伝わらないので、それを伝えることで選んでもらえる理由になるわけです。

石橋:
なるほど。飲み放題はそういった特徴があるんですね。

永山:
このあたりはテイクアウトでの活用方法の回でもお話しましたね。ぜひGoogleビジネスプロフィール、ホームページなどを通して魅力を発信しましょう。

写真だけしか発信していなかったり、投稿だけしかやっていなかったり、メニューにしか載せていないこともあるんですが、できる限りすべての機能で発信したいですね。どこを見てくれるかはわからないので。

4. コロナ禍でどう対策しているのか、安心できる状態なのかをアピールしよう

永山:
今、お客様としてもコロナ対策がどうなっているのかは気になるところだと思います。

忘年会をしたい人がいるとして、気になるのは新型コロナウィルスの感染対策ですよね。

「大丈夫なの?」「どんな感じですか」というような問い合わせを減らす意味でもきちんと対策状況を伝えたいですね。

石橋:
予約の管理だけでも結構大変だったりするのに、問い合わせがきたらより大変そうですね…。

事前にGoogleマイビジネスGoogleビジネスプロフィール)、ホームページで店内のようすやコロナ対策の取り組みを発信して、問い合わせる必要がなくなるくらい情報を提供できていたら、手間も減らせますね。

永山:
はい。あとは予約管理という面で言うと、ソーシャルディスタンスを保つために席数が減っていたりして、店内のキャパが例年と同じというわけにはいかないところもあるんじゃないかと思います。

なので、まだ予約できるのかどうか、いつが予約で埋まっていて、いつなら空いているのかなど、最新情報を更新していくことも大事です。


石橋:
今回は少し毛色を変えて、季節行事と結びつけた話でしたね。面白かったです。

永山:
業種を限定した話でもかなり盛りだくさんだったりするので、さらに「季節」「イベント」などの条件を加えた上で話すと、より深い話ができるのでいいですね(笑)

ちなみに補足ですが、今回お伝えした4つのポイントの順番は、優先順位というわけではないです。

コロナ対策が4番目になってますが、この発信ができていなくても1〜3ができていればいいというわけではなく、全部重要ですね。

石橋:
確かに、どれもすごく重要ですね。最初に永山さんがおっしゃった通り、居酒屋以外でも参考になる情報でした…!

次回は年末年始に限らず、基本的な居酒屋のGoogleマイビジネスGoogleビジネスプロフィール)活用について伺います。よろしくお願いします!

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。