トリップアドバイザーが”不正口コミ”約100万件を削除 過去Googleでも…やらせレビューのリスクとは

旅行プラットフォームのトリップアドバイザーは、2020年に約100万件の不正なレビュー(口コミ)を削除または却下したことを発表しました。また、「虚偽レビューを販売する新しいサイト」を突き止めたことも明らかになっています。

関連記事
悪質MEO業者を見抜き、自然にローカル検索結果を改善する方法
悪質なMEO業者に騙されないで!自然にローカル検索の順位を上げる、3つの施策とは

トリップアドバイザーが虚偽のレビューを削除、93%が「過度に肯定的」な内容

2020年トリップアドバイザー投稿されたレビューのうち、不正であると認定されたものは94万3205件、全体の3.6%にあたります。また、このうち3分の2はトリップアドバイザーに掲載される前に虚偽であると判定されました。

このような虚偽レビューの93%は、「過度に肯定的」であるとして削除されています。

具体的には、レビューを投稿した人が施設関係者と血縁関係にあった場合や、レビュー投稿の見返りとして特典を渡していた場合などがあげられます。

これらのほかには「悪意のあるレビュー」や「有償レビュー」なども虚偽レビューとして認定されています。

Googleでもスパム対策、不正口コミを5,500万件削除

こうしたスパム対策はGoogleでも行われており、2020年にはガイドラインに違反した口コミを5,500万件削除、さらに96万件以上の口コミをユーザーからのフィードバックをもとに取り下げました。

関連記事
Googleが5,500万件の口コミを削除【ローカルSEOニュースまとめ vol.8】

トリップアドバイザーやGoogleがこうした取組みを行う中、「低評価の口コミを削除できる」「報酬を払えば大量に口コミを投稿できる」と謳う悪質なMEO業者がいまだに横行しています。

しかしこうした悪質なMEO業者に口コミ投稿を依頼をしても、投稿した口コミが削除されてしまったり、最悪の場合アカウントの停止にもつながってしまいます。削除されなかったとしても、ユーザーが「やらせ」だと感じて悪印象を与えてしまう可能性もあります。

口コミを集めるために、こうした悪質な業者に頼ってしまうと集客はおろかマイナスなイメージにつながってしまいます。ガイドラインに反しないように地道に集めていくのが得策といえるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

<参照>
Forbes JAPAN:トリップアドバイザー、2020年に100万件近い不正レビューを削除

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。