ローカル検索の順位決定要因「知名度」が「視認性の高さ」に変更、影響は?

GoogleマイビジネスGoogleビジネスプロフィール)のヘルプ上で、ローカル検索結果の順位を決定する三大要因の1つ、「知名度」が「視認性の高さ」へと変更されたことがわかりました。

ローカル検索 視認性の高さ
▲Twitter:今井学 氏の投稿

<参照>
Twitter:今井学 氏 @kasumi_gaku の投稿

ローカル検索で表示される店舗・施設情報の順位は、Googleのアルゴリズムによって決定されており、「知名度」のほか「距離」「関連性」が大きく影響するとされています。

今回、その順位を決定する要因の記載が更新されたことで、どんな影響があるのでしょうか。

関連記事 
Googleマイビジネスでランキング上位になるには?MEO対策について解説
1e556783-0ce0-4605-b948-4331731d2cfa

ローカル検索の順位決定要因、「知名度」から「視認性の高さ」に変更

Google検索やGoogleマップの検索結果で関連する店舗・施設情報を表示するとき、その表示順位を決定する要因の1つが、「知名度」から「視認性の高さ」へと変更されました。

「視認性の高さ」とは、「ビジネスがどれだけ広く知られているか」のことを指すとされています。

これまで順位決定要因とされていた「知名度」とどのような違いがあるのでしょうか。

関連性、距離、視認性の高さが影響
▲Google ヘルプページ「Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法」: 編集部スクリーンショット
<参照>
Googleビジネスプロフィールヘルプ:Google のローカル検索結果のランキングを改善する方法

ヘルプページの説明文、変更前との違いはほとんどなし

えびすい(@ebinyan2013)氏はTwitter投稿で、「知名度」から「視認性の高さ」へ変更される前後のヘルプページを比較しています。

それによると、ヘルプページの説明部分の変更は、ほとんどないということでした。

ローカル検索 視認性の高さ
▲えびすい氏のTwitter投稿


以前のGoogleヘルプページ
▲えびすい氏のTwitter投稿画像(変更される前のヘルプページ)

<参照>
Twitter:えびすい氏 @ebyan2013 の投稿

また、ヘルプページの原文(英語)では「Prominence」という表記であり、これは日本語ページと違い変更されていないようです。

これにより検索順位が変動することはあるのか?

「Prominence」の訳が「知名度」から「視認性の高さ」へ変わったことによる検索順位への影響は、Googleからの公式発表がないためはっきりとしたことは分かりませんが、ほとんどないと思われます。

説明文が大きく変わっていないことや英語版が変わっていないことから、アルゴリズムを変更したというよりは、日本のGoogleマイビジネスGoogleビジネスプロフィール)ユーザーに「より伝わりやすい・誤解を生まない説明」へと変更することを意図していたのではないかと考えられるためです。

※ただし直近、Googleマイビジネスの名称・仕組みが大幅変更となるなど、Googleのローカル検索では数年に一度の大変動が起こっている状態だといえます。
今後ローカル検索の順位決定要因について変更がある可能性も、ないとは言い切れません。これについて続報があれば、随時お伝えします。

ローカル検索結果の順位は「距離」と「関連性」も影響

今回更新された「視認性の高さ」に加えて、ローカル検索結果の順位を決定する要因には「距離」と「関連性」も存在します。

「距離」とは?

「距離」とは、検索キーワードに関する場所から検索結果で表示されるビジネスの場所までの距離を指します。検索キーワードに場所が含まれていない場合は、検索しているユーザーの位置情報に基づいて距離が計算されます。

検索キーワードに関連する場所や、ユーザーの現在地に近いビジネスが、ユーザーの検索結果の順位の上位に上がりやすくなります。

「関連性」とは?

関連性とは、検索キーワードと店舗・施設のビジネス情報の合致度合いを指します。

検索キーワードや、それに関連するワードがビジネス名カテゴリ、口コミ、投稿、ホームページの記載などに含まれている場合、ビジネス情報との関連性が高いと捉えられ、検索結果の順位の上位に表示されやすくなります。


このようにローカル検索結果の順位には「距離」「関連性」そして「視認性の高さ」が影響します。

ユーザーとの「距離」を変えることはできませんが、検索キーワードとの「関連性」は投稿や口コミの促進などによって、「視認性の高さ」は口コミ数とそのスコアなどによって高めることができます。

ローカル検索結果の順位に課題を感じている場合は、「関連性」「視認性の高さ」を高める方向でアプローチすると良いでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。