南海電鉄の駅・商業施設でテイクアウト受取可能に、8月19日から実証実験第2弾開始

駅でテイクアウトを受け取れる「エキピク」実証実験第2弾

株式会社ランプ(以下、ランプ)が、南海電気鉄道株式会社(以下、南海電鉄)と業務提携し、7月15日から駅や飲食店で食事を受け取れるサービス「エキピク」の実証実験を開始していると、同日に発表しました。

今回の業務提携では、飲食店向けテイクアウト予約・決済サービス「テイクイーツ」を、「エキピク」に導入し、南海電鉄が強みとしているリアルな拠点である駅や商業施設と連携することで、顧客と飲食店のマッチングを行い、飲食店や駅の受け渡し場所で飲食店の商品の受け取りを可能にします。

同実証実験の第1弾としては、飲食店での受け取りに加えて、難波駅直結の複合商業施設「なんばスカイオ」の3階入り口での受け取りサービスを開始しており、7月15日時点で12店舗の利用が可能となりました。

飲食店向けテイクアウト予約・決済サービス「テイクイーツ」・サービス紹介の画像
▲飲食店向けテイクアウト予約・決済サービス「テイクイーツ」・サービス紹介の画像:株式会社ランプ
 

駅の受け渡し場所での受け取り、実証実験第二弾は8月19日から

同実証実験の第2弾は8月19日の17時から始まり、駅受け渡し場所での受け取りができるようになります。

「エキピク」に登録された飲食店のメニューを、南海アプリ上の特設ページからオンラインで予約(注文)し、注文時に指定した飲食店若しくは、駅の受け渡し場所で受け取ることが可能です。

テイクイーツ」は飲食店が初期費用・月額費用無料で、テイクアウト予約・決済システムを利用できるようになるサービスです。テイクアウトに特化したプラットフォームになっており、テイクアウトサービスの展開を検討する飲食店の「サイトやシステム導入に初期費用がかかる」や、「電話予約による受注ミス」といった負担や、リスクを軽減します。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

▼外部リンク

株式会社ランプ プレスリリース
https://lamp.jp/press-release/nankai/

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボニュース

口コミラボニュース

口コミラボ編集部が選んだ、企業の口コミ・MEO対策向けのサービスのリリース、調査レポート、ニュースなどをご紹介。