住宅街にある飲食店が集客するには?物件の立地の特徴を活かすための施策を紹介

飲食店が出店する立地には、駅前や繁華街、学生街などのような人通りの多い場所以外でも考えられます。たとえば住宅街です。

住宅街にある飲食店は主にその周辺地域に住む人を主な客層としており、アクセスがよくない分地域に根ざした形での営業ができ、リピーターを獲得しやすいなどのメリットもあります。

住宅街で飲食店の集客をするには、住宅街そのものの特徴と、住宅地の種類を理解し、それぞれの特徴を捉えた戦略が必要です。この記事では、住宅街にある飲食店が集客のために意識すべきことや取るべき施策について解説します。

関連記事
地方飲食店の集客方法は?東京と違う田舎ならではのコツと成功事例

住宅街で飲食店を経営するメリット・デメリット

住宅街で飲食店を経営する場合、駅前や大通りなどの人手が多い場所にはないメリットがある反面、集客に関するデメリットも存在します。

ここでは住宅街で飲食店経営するにあたってのメリット・デメリットを紹介します。

メリット1. リピーターを獲得しやすい

住宅街にある飲食店は、繁華街や駅前ににある飲食店に比べてリピーターを獲得しやすいというメリットがあります。

人通りの多い繁華街などにある店舗はそれだけ競争が激しいため、安定してリピーターを掴むことは相対的に難しくなります。その点で住宅街にある店舗は競合が少なく、周辺地域の住人が定期的に来店するようになれば、安定した経営に繋げることができます。

メリット2. テイクアウト・デリバリーに向いている

もう一つのメリットは、テイクアウトやデリバリーの需要が見込めることです。

テイクアウトやデリバリーを利用する人は、配送時間や持ち帰りの手間などを考慮することから、できるだけ自宅に近い店を利用します。

その点において住宅街にある店は当然なから住宅地に近いため、繁華街などにある店に比べてアドバンテージがあるといえます。

立ち寄ってもらう工夫が必要(デメリット)

飲食店の店舗が住宅街にあることにより考えられるデメリットは、集客に工夫が必要な点です。

住宅街は繁華街などに比べて人通りが少ないため、地域の人や通りがかりの人に立ち寄ってもらうための努力がより必要になります。

たとえば駐車場を整備することや、目を引く店頭ポップの設置など、仕事帰りや買い物帰りの地域住民が入りやすくなるようなしさくがひつようになるでしょう。

住宅地の種類別特性

一口に住宅街といっても、その特徴によって異なるエリアとして分類することができます。分類に応じて飲食店が経営するにあたっての戦略も変わってきます。

ここでは、住宅街の種類について解説します。

1. 新興住宅街

比較的新しく造成された新興住宅街には、若いファミリーが多く住む傾向にあります。金銭面に余裕のある人が多く、外食の利用頻度や消費単価の高さが期待できます。飲食店を開くには適切な立地であるといえるでしょう。

また、そこから住宅地がさらに発展する可能性を秘めているため、将来の発展が望めるという利点もあります。

関連記事
ファミリー層が来たくなるお店の作り方/4つのコツ・客層の拡大にも有効な理由

2. 成熟住宅地

宅地が造成されてから十〜数十年が経過した成熟した住宅地には、地元に根ざして暮らす若い人や古くからその土地に住んでいる人などさまざまな年齢層の人が住んでいます。

そのため成熟住宅地で飲食店を開くとすれば、幅広い年齢層にアピールする施策が必要になります。その分、取りうる業態やジャンルなどもある程度自由が効きます。

多様な属性と趣味嗜好の居住者がいる場合、リピーターとして定着する顧客と出会える可能性も高くなると考えるでしょう。

ただしすでに成熟している住宅地は人口増加や発展が難しいので、将来的な拡大は難しくなります。

3. 単身者居住地

学生街やオフィス街など、単身居住者の多い地域では外食やテイクアウトの需要が高く、一人で気軽に入れる店やテイクアウトが充実している業態にとっては適した立地と言えます。

ただ単身居住者の多い地域は人の入れ替わりが激しく長期的にリピーターとして訪れる可能性が少ないことと、客単価が低い点がデメリットとなります。

回転率を上げたり、原価率のよいメニューを考案するなどしてそれらの欠点を補う必要があります。

関連記事
実は知らない回転率アップの方法!飲食店店長が知っておくべき失敗しないためのポイントとは?

住宅地にある店舗の集客方法「積極的な情報発信」

住宅地にある飲食店が集客をするにあたっては、集客や情報発信に工夫が必要です。

ここでは、住宅地にある飲食店の店舗にとって有効な集客の方法を紹介します。

グルメサイトに登録する

住宅地にある店舗は前述したように、繁華街などに比べて人通りが少なく、一見の客が偶然立ち寄ってくれるようなことが起こりにくいことが課題です。

それを補うためには、グルメサイトへの登録が有効です。グルメサイトやアプリに登録しておくことで、その場所を通らない人にも店の存在がアピールでき、来店してくれる可能性が高くなります。

またサイト上での評価や口コミが良ければ、さらに来客を広げることができます。

関連記事
主要グルメサイト7社を比較/飲食店目線でどう選ぶ?各サービスのユーザー層や特徴を整理

ローカルSEO対策

現在、飲食店を探すためにGoogleなどの検索を活用する人は非常に多くなっています。検索によってお店を探す人に店を見つけてもらいやすくするために、ローカルSEO対策が有効です。

ローカルSEOとは、ローカル検索に対する対策を意味します。ローカル検索は訪問先のエリアあるいは居住エリアで、足を運ぶことを前提とした情報収集である検索を指しています。

たとえばGoogleで「地域名+料理名」などで検索をした際にはその地域の付近にあるその料理を提供する店舗が表示されます。その際の検索結果で上位に表示されるように取り組んだり、表示される店舗情報に情報を充実させて訪問意欲を高めてもらう取り組みを指します。

こうした情報をユーザーが閲覧する際、口コミを重要な参考として捉える人は多いため、口コミを管理しておく事も重要です。

店舗や施設の検索はGoogle以外の検索エンジンや、InstagramのようなSNSでも行われており、それぞれの店舗情報が正確に登録されているかチェックすることも大切です。

関連記事
【完全版】Googleマイビジネスとは?活用すべき理由、登録・運用方法、新機能まで徹底解説!
Yahoo!ロコとは|掲載できる店舗情報・利用するメリット・Googleマイビジネスとの併用

デリバリーサービスのプラットフォームを活用

住宅街にある店舗ではテイクアウトやデリバリーの需要が高くなります。また新型コロナウイルスの流行を経てからデリバリーへの需要は大きく伸び、デリバリー対応の重要度は上がっています。

先述のように、住宅街の店舗はこのデリバリー需要を取り込みやすいというメリットがあります。出前館やUber Eatsなどのサービスに登録すれば、デリバリーサービスを展開していることを伝えられます。

またどのようなメニューを提供しているのかを伝えることにもなります。

関連記事
飲食店がUber Eats(ウーバーイーツ)を導入する| メリットとデメリット、注意点を解説
出前館の出店方法と費用は?配達方法や加盟するメリットも紹介

住宅街もさまざま、居住者の生活スタイルを理解し集客

住宅街にある飲食店が効率的に集客し売り上げを伸ばすには、さまざまな工夫が必要です。

住宅街にある店舗の強みは、リピーターが獲得しやすいこととデリバリーの需要を取り込みやすいことです。これらの強みを活かせるよう、各デリバリーのプラットフォームへの登録や口コミのかつようによる固定客の育成などを心がけることが重要です。

また、店舗を展開する住宅地の特徴を知っておくことも必要です。それぞれの特徴に合わせた適切な情報発信によって集客を効率化できるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。