【飲食店】平日の集客方法を紹介/客足が遠のく理由は?狙うべきターゲットは?

平日は朝から夕方まで学校や職場で過ごす人が多く、平日における飲食店の集客は難航しがちです。

しかし平日の飲食店にも全く需要がないというわけではなく、ランチ営業などの施策を講じることで、郊外の店舗であれば主婦層、オフィス街であればビジネスマンといった顧客を集客できる見込みがあります。

本記事では飲食店にとって平日集客が難しい理由や、平日集客のターゲットと平日に集客するための方法について整理し紹介します。

飲食店にとって平日集客が難しい理由

平日は朝から夕方まで学校や会社で学業や仕事をする人が多いため、飲食店は平日の集客に苦戦する傾向にあります。

この項目では、なぜ平日の集客が難しいのか、そして、平日の飲食店需要といった点から平日集客が難しい理由を紹介します。

なぜ平日の客足が遠のくのか?

平日の客足が遠のく理由の一つに消費者の生活スタイルがあります。

平日は職場や学校に行く人も多く、飲食店を含め自宅以外のスポットに足を運ばないという人もいます。

平日でも飲食店がオフィス街にあればランチタイムなどに集客できる可能性は見込めますが、金曜日を除くと平日は次の日も基本的に仕事がある人が多いため、ディナータイムはあまり繁盛しづらいという特徴があります。

郊外にある飲食店など、オフィス街や駅の周辺といった通勤経路となる場所の近くにない飲食店では特に集客に苦戦しがちです。

需要はゼロではない

とはいえ平日における飲食店の需要は完全にないとは言い切れません。

平日における飲食店の需要は土日や祝日に比べると少ないものの、飲食店は前項で紹介したようにランチや、喫茶店のかわりとして利用されることがあります。

例えば、オフィス街の飲食店ではランチ時間も会社員が多く利用するほか、郊外の飲食店では専業主婦や学生などがランチやお茶をする場所として利用する場合もあります。

次の項目で、平日ランチタイム・平日ディナータイムの集客の際に狙うべきターゲットを紹介します。

平日集客のターゲットは?

飲食店に限らず、効果的な集客を行うにはターゲットとなるユーザー層を詳しく設定することが重要です。特に平日の集客を検討するためには、店舗の立地や潜在顧客、店舗の特性などの把握が求められます。

この項目では、平日ランチタイムと平日ディナータイムのターゲットを紹介します。

平日ランチタイムのターゲット

平日ランチタイムのターゲットは、大きく「専業主婦や主夫」「ビジネスマン」の二つに分かれます。

戸建て住宅やマンションなどが多い郊外や繁華街などの近くにある店舗では、前者のターゲットが潜在顧客として予想されます。ビジネスマンの場合は1人での利用、主婦や主夫の場合はグループでの利用が多数派と想定されます。

また、オフィス街近くにある飲食店では、平日ランチタイムに周辺のビルなどで働く会社員の集客が見込めます。

平日ディナータイムのターゲット

平日ランチタイムのターゲットには「仕事帰りのビジネスマン」や「学校終わりの学生」といった層が挙げられます。

仕事帰りのビジネスマンの場合、平日夜には取引先との接待や会食といった、仕事の範囲内に入るようなディナーを取る傾向があります。また、社内での懇親会なども土日・祝日より平日の夜に行われることが多いです。

一方、大学のサークルやゼミの集まりなども平日夜に行われることが多いので、学校の授業が終わった後の学生も平日ディナータイムのターゲットに含まれます。

また、頻度としては少ないものの、結婚記念日や誕生日など特別な日のディナーも当日実行することがあるため、平日夜の集客につながります。

平日に集客するための方法

平日に集客するためには、「ランチ営業」「ハッピーアワー」「テイクアウト」といった施策の実施が考えられます。

この項目では、平日に集客するための方法を紹介します。

1. ランチ営業

平日に集客するための方法の一つは、ランチ営業です。

レストランや居酒屋がランチに提供するメニューは一食あたり500円〜1,500円程度であることが多いため、客単価・利益率ともにが低くなりがちです。

しかし、ランチでの利用がきっかけで店舗を認知してもらうことでディナータイムの集客につながる可能性もあるため、ランチ営業にも効果が見込めると言えます。

ランチの利用者層は店舗の立地にもよりますが、主に主婦層をターゲットにしたランチ営業を実施している店舗では、子供連れでも入店しやすくなるように子供用メニューを提供するなどの工夫が有効でしょう。

関連記事
ファミリー層が来たくなるお店の作り方/4つのコツ・客層の拡大にも有効な理由

2. ハッピーアワー

オフィス街や繁華街に店舗がある場合、ハッピーアワーの実施も平日の集客方法として挙げられます。

ハッピーアワーは、平日の14時〜16時までといった、ディナータイムより少し早い時間帯に限りアルコールを割安で提供するシステムです。

ハッピーアワーを導入することで、アルコールの注文だけではなく、おつまみなどフードメニューの注文を促せるといった効果も見込めます。

このように、ランチタイムからディナータイムまでの客足が遠のきがちな時間帯を活用することで、平日の売り上げ増加が期待できます。

3. テイクアウト・デリバリー

特に平日仕事をしている場合、食材の準備や調理、後片付けの手間がかかる自炊は億劫になりがちです。

主にビジネスマン層に向けて、帰ってすぐに食べられるお弁当や、惣菜を持ち帰り用に提供するテイクアウトサービスを導入することも売り上げアップにつながると言えます。

また、配達を代行するデリバリーサービスもあるので、こうしたサービスを使うことでさらに販路を広げることが可能です。

デリバリーサービスは「出前館」「Uber Eats」「menu」など複数がプラットフォームを展開しています。配達員の確保や、オンラインでの注文受付などに対応できます。

関連記事
飲食店がテイクアウト開始する方法と課題
人気テイクアウトアプリ5選、徹底比較|導入のメリット・費用を解説
出前館の出店方法と費用は?配達方法や加盟するメリットも紹介
【完全版】Uber Eats(ウーバーイーツ)とは?メリット・登録方法・導入する際の注意点
menuとは?導入のメリット・注意点・登録方法・他に検討すべきサービス

平日の集客で売上アップ

平日に学校や仕事がある人が多いため、一般的な飲食店では土日・祝日が繁盛する傾向にあります。

こうした理由から平日のランチタイム・ディナータイムに訪れる顧客は少なくなりがちなので、平日の集客を強化するためには店舗の立地やユーザー層を念頭にした施策が求められます。

店舗の傾向によって何が最適な施策なのかは異なるものの、ランチ営業の実施や、ハッピーアワー、テイクアウトといった施策が主な対応策となります。これらを組み合わせることで、平日の売上金額の底上げに期待できます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。