飲食店が女性の集客を高めるには?女性客のニーズに合わせ店舗サービスを改善

女性が飲食店を選ぶ際の特徴に「複数の情報を参照する」「InstagramなどのSNSを参照する」「衛生面や清潔感の重視」などがあります。

女性客の多くはメニューの量や提供スピードといった点より、店内の雰囲気やメニューの構成、価格などを重視しています。飲食店が女性客を集客するには、グルメサイトやSNSで店舗の情報発信を行ったり、素材のこだわりやヘルシーさをアピールできるメニューを作成したり、話題性のあるコースを提供するといった工夫が求められます。

本記事では女性が飲食店を選ぶ際の特徴や、飲食店の女性客集客に有効な方法を紹介します。

関連記事
女性集客を成功させるには?心理を活かした戦略や注意点・メリットについて解説

女性が飲食店を選ぶ際の特徴

飲食店を選ぶ際、女性はメニューやコスパ、内観など複数の情報を見て総合的に判断する、清潔感を重視するといった傾向があります。

この項目では、女性が飲食店を選ぶ際の特徴を紹介します。

1. 複数の情報を重視する

政策金融機関である「日本政策金融公庫」が、6か月に1回以上外食をしている20〜69歳の男女1,000人を対象に実施した調査によると、飲食店の情報サイトで外食に利用する飲食店を選ぶ際、男性より女性のほうが複数の情報から店舗を判断することが多いという傾向が明らかになりました。

一方で、全体では「価格帯」を重視する人が8割と性別に関わらず多く、男性は女性よりクレジットカードなどの支払い方法を重視する傾向があるとのことです。

また女性のユーザーに見られる特徴として、情報サイト以外からは家族や知人・友人の口コミを参考にする傾向が強いことや、店舗を利用した後の情報発信にも積極的という点が挙げられています。

2. 特に若い女性はInstagramを利用する

また、女子大生・女子高生マーケティングを専門とするTrend Catch Projectの調査によると、ネット検索、グルメサイト、SNSといった情報源のうち、全国の女子高生・女子大学生は飲食店を選ぶときに「Instagram」を最もよく利用するという結果が出ています。

Instagramで店舗を調べる方法としては「ハッシュタグ」と呼ばれる機能の活用、検索ワードの活用、知人や友人の投稿から店舗を知るといった方法が挙げられます。

また、女性ユーザーに見られる傾向として、飲食店の利用後に店舗の情報発信を行うといった特徴が見られており、店舗で撮影した写真をSNSに投稿して他のユーザーの参考になるといったケースもあります。

関連記事
飲食店でInstagram (インスタグラム)を集客に活用するには?意識すべきポイントや事例を解説
Instagramの「場所」検索とは?店舗の位置情報を登録する方法

3. 衛生面・清潔感を重視する

外食市場調査といった顧客データの収集と分析を行う「ホットペッパーグルメ外食総研」の調査では、飲食店選びをする際に男性より女性のほうが衛生面での取り組みを重視していることが分かりました。

同調査によると、新型コロナウイルス対策を目的とした衛生面の取り組みとして、主に「席の間隔」「換気の有無」「店内消毒」といった点が重視されています。

また、店内の座席といった食事をする場所だけではなく、化粧室など店内からは見えづらい部分の清潔感も重視する傾向が強くあります。

飲食店の女性客集客に有効な方法

女性客の集客においては「SNSの情報発信」「来店しやすい環境づくり」「ヘルシーさ・素材へのこだわりをアピール」といった施策が効果を発揮しやすいです。

この項目では、飲食店の女性客集客に有効な方法を紹介します。

1. グルメサイトやSNSでの情報発信

飲食店が女性客集客に取り組む際、グルメサイトやSNSでの情報発信が重要です。

前述のとおり、男性客より女性客のほうがSNSや友人・知人からの口コミを参照する傾向にあるとされています。そのため、話題性があり口コミの多い店舗であるか否かは女性客の関心を引く上で重要と考えられます。

グルメサイトの中には有料で利用するものもありますが、SNSは無料で活用できるため、インターネット上での集客をはじめる際はSNSから利用すると低リスクでの運用が可能です。

なお、Instagramに投稿する場合、「ハッシュタグを多くつける」「魅力的な写真を起用する」といった工夫を加えることで検索画面での露出度が高まりやすくなります。

関連記事
飲食店でInstagramを集客に活用するには?意識すべきポイントや事例を解説

2. 女性が来店しやすい環境づくり

前述のとおり男性客より女性客のほうが店舗の清潔感を重視する傾向が強いため、女性の集客を強化したい場合は店内の清潔感の維持が重要です。

清潔感を維持するためには、店内の座席まわりや卓上・店内内装のほか、トイレや店内から見える厨房といった目に触れづらい場所もこまめに手入れしておく必要があります。

また、女性が普段使いしやすいように、外観から店内の様子がわかりやすいようにするといった工夫も重要です。

3. 素材のこだわりやヘルシーさをアピール

女性は男性に比べると一度に摂取できる食事の量が少ないため、量より質を重視したメニューの作成が鍵となります。

女性客が持つ食の好みはさまざまですが、一般的には美容や健康に良いとされる食材を使った料理は歓迎されやすい傾向にあります。

また、外食でもカロリーの過剰摂取につながりづらいヘルシーさを前面に出したメニューのほか、国産食材や地元食材など普段摂取することのない材料を使ったメニューも話題性があり好まれます。

4. コスパの良さや少量ずつ複数を楽しめるメニュー

価格は飲食店を選ぶ上で重要な判断基準の一つです。

女性の場合、コストパフォーマンスを重視する傾向があるので、お得感を感じさせるメニューやプラン設定が重要です。

たとえば、食べ比べセット、飲み比べセットや、前菜の盛り合わせなど、少量の飲食物を少しづつ味わえるメニューは高い評価につながりやすい傾向があります。

こうしたメニューを充実させることで、一度にたくさん楽しめるお得感を演出できます。

5. イベントを盛り込んだコースやサービス

女性客はInstagramやSNSといった媒体を使って、店舗を調べたり、店舗の情報を発信する傾向にあります。

こうした傾向が見られる女性客に興味を持ってもらうためには、年間行事とかけあわせたイベントで関心をひき話題にしてもらえるような、期間限定のコースやサービスを提供することも重要です。

年間行事といえるイベントにはハロウィンやバレンタインなどのほか、誕生日、卒業式、同窓会など様々な種類があります。季節と関連した事柄と、顧客の個人的な目的をもったイベントの両方に対応できるようなアイデアをためておくとよいでしょう。

女性のニーズを理解し、飲食店の集客につなげる

女性客の多くはメニューの量や提供スピードといった点より、店内の雰囲気やメニューの構成、価格などを重視する傾向にあります。

また、女性が店舗を選ぶときはInstagramをはじめとするウェブサービスのほか、知人・友人からの評判を参考にするなど、多方面から情報を集める傾向があるので、話題性の高い店舗を作るという点が重要でしょう。

女性客は価格、メニュー、店内の清潔感、評判などさまざまなから店舗を評価するため、店舗のこまめな管理が求められます。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。


<参照>
livedoorNEWS:飲食店の店選び 女性は複数情報を重視 男性は支払い方法こだわる
日本政府金融機構:女性は飲食店に関する情報の収集・発信に積
note:【前編】Z世代女子の飲食店選びは「Instagram」がメイン。Trend Catch Projectが「若年層女性の飲食店利用に関する調査」を実施
店舗経営レシピブック:女性客の集客を増やすために押さえるべきポイント教えます!
飲食店応援ラボ:女性客の集客におけるポイント!「イベント性の演出」と「ヘルシー志向」
クックビズ総研:こんなお店が愛される!女性の集客に欠かせない3つのアピールポイント

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。