東京五輪の交通規制情報、Googleマップなどの地図・ナビサービスで閲覧可能に

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(以下、東京2020組織委員会)は7月6日、大会期間中に実施する交通対策に関する情報提供において、ナビアプリ・地図サイト等を活用することを発表しました。

交通対策とそれについての情報提供は、7月中旬〜9月上旬の実施を予定しています。

東京五輪の期間中、交通対策を実施

東京2020オリンピック・パラリンピックの大会期間中は、関係者輸送ルートの混雑を緩和するため、大規模な交通止めを含む交通規制や、昼間の首都高利用料金に1,000円上乗せすることにより交通量を削減する試みが実施されます。

これらの交通対策の情報発信について、チラシやウェブサイト等も用いているもののナビによる経路検索により意図せず関係者輸送ルートに誘導されてしまうといった問題が生じることが懸念されています。

そこで東京2020組織委員会は、こうした交通規制に伴い迂回が必要となるエリアについて、カーナビアプリや地図サイトなどで表示する方法を順次開始しました。

提供時期はサービスごとに異なりますが、7月19日までに全サービスで開始予定だとしています。

ナビアプリ・地図サイト等で提供される情報は?

東京五輪 交通規制 Googleマップ
▲大会組織委員会からのお知らせ/迂回エリアの地図表示/回避ルートの案内 の3つのサービスを実施:東京2020公式ウェブサイトリリースより

今回提供されるのは、「各種交通対策に関する情報の表示」「関係者輸送ルート、会場周辺の迂回をお願いしたいエリアの地図表示」「関係者輸送ルート等をなるべく回避したルートの検索・案内」です。

1. 各種交通対策に関する情報の表示

「東京2020大会期間中は、高速料金の変更や交通規制が行われています。時間・ルートの変更等、交通混雑緩和へのご理解・ご協力をお願いします。」といったメッセージと、詳細ページへのリンクが表示されます。

東京五輪 交通規制 Googleマップ
▲各種交通対策に関する情報の表示:東京2020公式ウェブサイトリリースより

2. 関係者輸送ルート、会場周辺の迂回をお願いしたいエリアの地図表示

地図上に関係者輸送ルートを強調して表示します。また、「会場周辺の迂回をお願いしたいエリア」を地図に表示します。

東京五輪 交通規制 Googleマップ
▲関係者輸送ルート、会場周辺の迂回をお願いしたいエリアの地図表示:東京2020公式ウェブサイトリリースより

3. 関係者輸送ルート等をなるべく回避したルートの検索・案内

「関係者輸送ルートの混雑緩和のため、回避ルートの利用にご協力いただけますか」といったメッセージが表示され、「回避ルートを利用」を選択するとルートが表示されます。

東京五輪 交通規制 Googleマップ
▲関係者輸送ルート等をなるべく回避したルートの検索・案内:東京2020公式ウェブサイトリリースより

表示対応エリアは主に東京圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)で、一部サービスでは東京圏以外の会場周辺でも実施予定だとしています。対象サービスはGoogle マップ、Yahoo!カーナビ、いつもNAVI、など24種です。

※なお、サービスによって提供される情報が異なります。たとえばGoogle マップでは、「各種交通対策に関する情報の表示」のみ非対応となっています。

<参照>
東京2020公式ウェブサイト:関係者輸送ルートの混雑緩和に向けたナビアプリ・地図サイト等でのサービス提供の開始について

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。