塾の集客力を高める方法|オフラインとオンラインでの方法、集客のコツを解説

塾の生徒数を増したい場合、保護者のニーズを把握したうえでのアプローチや独自の魅力をアピールしなければ、知名度が高い大手の塾に埋もれてしまいます。

口コミ紹介やビラ配りをするオフライン集客、ローカルSEO対策やSNS広告などのオンライン集客など、塾の特徴やターゲットになる地域によって集客方法を使い分ける必要があります。

本記事では、塾の集客方法や集客効果を高めるために必要なポイントを解説します。

塾のオフライン集客方法

オフラインの集客方法には直接入塾につながるような友人紹介やイベントなどがありますが、塾の認知度を高めつつ集客につながるような方法もあります。ここでは4つのオフライン集客の方法を紹介します。

1. 口コミ・紹介

口コミや紹介で集客につながる方法では、すでに塾で学習を進めている友人または保護者からの情報が重要です。

口コミは客観的な感想を参考にサービスを検討できる特徴があり、場合によっては紹介者との信頼関係によって入塾が決定する可能性があります。

しかし、塾を体験した生徒の視点で情報が伝わっていくため、コントロールはできません。

そのため、口コミでの印象をアップさせるためにも、学習環境を整えたり、生徒や保護者と濃密な人間関係を築いたりして満足度を高める必要があります。

また、この方法は宣伝費用をかけずにできるため、コストをかけたくない塾に適した方法です。

関連記事
口コミ効果で集客ができる?
口コミ集客を成功させるコツ!口コミ評価を上げる方法
口コミを増やすコツは?質の高い口コミを増やすテクニック

2. イベント・キャンペーン

塾の雰囲気を感じてもらうためにイベントやキャンペーンを開催し、入塾を検討する機会を提供します。

生徒数を増やすためにはイベントやキャンペーンによって塾の認知度を高める必要があり、どれだけ体験教室に参加してくれるかが重要です。

すぐの入塾を希望していなくても、体験教室に来れば塾選びの候補になる可能性が高まり、体験教室の口コミでさらに新規顧客が集客できるかもしれません。

また、友達紹介キャンペーンなどを企画することで既存顧客が積極的に知人に塾を紹介してくれるようになり、宣伝費用を削減できます。

3. ビラ・チラシ配り

ビラやチラシ配りは地域密着型の塾に有効な手段です。配布するタイミングを勉強が必要になる定期試験や長期休暇の前に合わせることで、休み期間に成績を上げたい生徒や保護者の目に留まりやすくなります。

また、チラシを配るためにはチラシの作成費やポスティングの人件費などコストがかかります。

これらのコストが無駄にならないように、ターゲット層に合わせて配布するエリアを決定し、効果的な配布時期にアプローチする必要があります。

リサーチからチラシの作成、ポスティングまでを計画的に取り組むことで、通常業務を圧迫せずに集客に注力できるでしょう。

4. 広告・看板

塾の認知度や安心感を高めるために学校周辺や駅構内などに塾の広告を出す方法があります。

広告で認知度を高めておけば、他の集客方法を実行した際も知名度から興味を持ってもらえるかもしれません。

この方法は広告掲載料にコストがかかりますが、認知度アップは期待できるでしょう。

また、ビラやチラシ配布と同様にエリアの選定を注意しなければなりません。

効果的に広告を出すためには地域の世帯動向や動線を把握し、ターゲット層に合わせた場所を見極めて看板を出すことが重要です。

塾のオンライン集客方法

ここではオンラインで塾を求めるユーザーにアプローチができる方法を5つ紹介します。無料でできるものや費用がかかるが効果のあるものなど、状況に合わせて使い分けが可能です。

1. ローカルSEO対策

ローカルSEOとはインターネットサービスでの検索に対し提示される検索結果において、よりよい順位表示を目指すものです。

たとえば「ある地域名+塾」や、「ある地域名+個別指導」といった検索に対し、その地域にある学習塾が表示されるように、インターネット上の情報を充実させる取り組みがふくまれます。

Google 検索やGoolge マップのように、Googleが提供するサービスでのユーザーの検索に対しては、Google マイビジネスを利用し情報を管理できます。同様に、Yahoo!検索のユーザーを想定し情報の更新や管理を行おうとするのであれば、ツールはYahoo!プレイスを利用します。Yahoo!のサービスに掲載される店舗情報は、Yahoo!ロコに表示されます。

これらの店舗情報を管理するツールは、顧客に向けた情報発信に活用できるだけでなく、口コミ投稿に対しての返信もでき、双方向のコミュニケーションが可能になります。

関連記事
ローカルSEO(MEO)とは?メリットや効率的な集客アップの方法
Googleマイビジネスとは|無料のツールで集客・活用方法・メリットや注意点を徹底解説
【画像あり】Yahoo!ロコを活用している塾の事例4選|利用するメリットや掲載方法を解説

2. SNS

SNSは無料でアカウントを作成できるためコストを抑えて情報発信ができます。効率よくSNSを運用するためには各SNSの利用ユーザー層を把握したうえで、ターゲットにしたい年齢層が利用しているSNSを選択する必要があります。

多くの場合、生徒になる若者層はTwitterやInstagramを利用しており、保護者はこれらに加えてFacebookも利用していると考えられます。

幅広い年代にアプローチする場合はLINEが適しています。総務省の平成30年度の調査によるとLINEは10~50代の利用率が80%を超えており、幅広い年齢層が利用しています。

ターゲットに合わせたSNSを使い分け、それぞれの特徴を活かした情報発信をすることで集客を期待できます。

3. 自社公式サイト

サービスを選択する際は信頼性が重要であり、公式サイトの有無は大きく影響します。塾を探す保護者は信頼できる塾に子どもを預けたいと考えています。ネットで情報収集することもあり、この場合公式サイトがあるかないか、あればそこで提供されている詳細な情報もチェックし、判断材料とするでしょう。

公式サイトには、授業内容や講師情報、進学実績、授業料など生徒や保護者が知りたい情報を漏れなく掲載することが重要です。

公式サイトは形式にもよりますが、サーバーやドメインなどコストがかかる場合もあります。無料で作成する方法もあるので、メリット・デメリットを踏まえて選択するとよいでしょう。

関連記事
Jimdo(ジンドゥー)とは?簡単ウェブサイト作成で店舗の魅力をアピール。使い方やメリットを解説

4. オンライン広告

オンライン広告とは、掲載料が必要なリスティング広告や各SNSの広告などを指します。

リスティング広告はユーザーが検索したキーワードに対して広告を出せるため、検索キーワードである「塾」を調べたユーザーに対してピンポイントにアプローチができます。

一方、SNS広告はユーザーの属性を細かく指定してアプローチができるため、見込み顧客へ情報発信が可能です。

広告のコンテンツがユーザーに対し「だれかにみせたい」という意欲を起こさせるものであれば、その投稿が共有され、拡散し想定以上の露出を獲得できる可能性もあります。

関連記事
【初心者向け】Web広告を種類別に紹介|メリット・課金方法・選ぶためのポイント解説
Google広告の作り方|アカウント作成から広告出稿まで徹底解説

5. 口コミサイト・比較サイト

インターエデュや塾ナビなど、教育に特化したポータルサイトに塾情報を登録することで、塾への関心度が高いユーザーに対して直接的なアプローチが可能です。

サイト内ではサービスの紹介や口コミの掲載、広告など、ユーザーの興味を引くのに効果的なツールが活用できます。

しかし、デメリットとして掲載料や競合他社と比較されることが考えられるため、差別化を図った情報発信や独自の魅力をアピールするなどの工夫が必要です。

関連記事
インターエデュ・ドットコムとは?日本最大級の受験情報交換サイト
塾ナビとは?日本最大級の学習塾・予備校の比較検索サイトの掲載方法や特徴を解説
評判ひろばに教室を掲載するには?学習塾・家庭教師のレビューサイト
塾の集客にEPARKスクールは効果的?利用するメリットを事例付きで解説
みんなの英語ひろばとは?無料で掲載・利用できる英会話教室ポータルサイト
学習塾のGoogleマイビジネス活用方法 
学習塾のFacebook活用事例/集客につながる情報発信のポイント
塾で応用できる行動経済学
アンカリング効果を学習塾で活用するには?

塾の集客を高めるために必要なこと

本記事で紹介したような集客対策をしたうえで、さらに心がけるべき2つのポイントを紹介します。これらを意識することで充実したサービスの提供と情報発信が可能になるでしょう。

1. 授業や教室環境を充実させる

どんなに宣伝効果のある施策を取り入れても塾の質が悪ければ入塾につながりません。

講義内容や指導方法、教室環境などを充実させることで既存の顧客を満足させ、好印象なイメージが口コミで広がっていくでしょう。

また、質の高い教育が受けられる価値は塾を選択する際に重要なポイントとなるため、継続的に自社サービスの改善に取り組むことが重要です。

顧客満足度が高まると退塾者が抑えられ、友達紹介や口コミなどのオフラインでの集客が効果的になります。

2. 簡単に理解できる説明をする

子どもが自分で塾を探す可能性もあるため、誰でも理解しやすいような情報発信が求められます。

ホームページなどで指導方針や料金設定を明確に表記し、問い合わせにも丁寧に対応することが重要です。

また、成績を上げるための勉強方法や、勉強を続けたいと感じさせることを大事にする指導方針など、塾によって重要視しているポイントが異なります。

顧客が求める塾の雰囲気やスタイルとギャップが生まれないように、キャッチコピーや情報発信を活用して塾の雰囲気をつかんでもらう必要があります。

様々な塾の集客方法、塾自体の環境向上も忘れずに

新たな集客方法を導入する前に、既存の顧客を満足させられているのか、改善できるポイントはないかなど、自社サービスの向上を図ります。

その過程で独自の魅力を発見できれば宣伝材料として活用が可能であり、既存顧客の満足度を満たせれば口コミや友達紹介による集客を期待できます。

また、塾のようなビジネスは商圏が限られているので、周辺地域のターゲット層の動向や動線を把握する必要があります。

本記事で紹介した集客方法を参考にリサーチとサービス向上に取り組み、予算にあった集客方法を選択します。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\10,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。