トレーサビリティとは?情報管理体制を整えスピーディーな問題解決を実現

トレーサビリティは、情報社会の現在では必要不可欠な要素となっており、導入には時間や費用がかかりますが、そのメリットの多さから注目されています。

今回は、トレーサビリティの仕組みやメリットについて解説していきます。

トレーサビリティとは

トレーサビリティとは何かについて解説していきます。

「トレーサビリティ」追跡可能性

トレーサビリティとは英語でTraceabilityで、追跡という意味のtraceと可能という意味のabilityを掛け合わせてできた言葉です。

製造元や仕入れ先、販売元を記録しておくことで、材料・部品の調達から生産、販売、消費(廃棄)までを追跡可能にし、製品がいつ、どこで、誰に、何で作られたかを明らかにすることができます。

追跡を可能にしておけば何か問題が発生した時にすぐに問題の原因が特定できるので、迅速に対応することが可能になります。

トレーサビリティの種類

トレーサビリティには二つの種類があります。誰に向けて透明性を証明するのかで分かれます。

一つは消費者に対しての透明性の証明として役に立つチェーントレーサビリティです。

もう一つは生産管理に役立つ内部トレーサビリティです。製造工程でかかわる器具やプロセスについてどのような状況であるかを把握できるようにすることを指します。

チェーントレーサビリティ

チェーントレーサビリティは、製品の生産、処理、加工、卸、販売の各段階の経歴がわかることを指します。製品が消費者の手に届くまでにどのような状況を経てきたのかがわかるようになります。

内部トレーサビリティ

チェーントレーサビリティが生産から消費者の手に届くまでの工程を対象に関係者や作業環境を把握できるのに対し、内部トレーサビリティは一つの組織内での製品の生産や加工、製造工程を追跡します。

<参照>トレーサビリティ大学:トレーサビリティとは

トレース(追跡)の方法

製造環境や各工程について追跡する方法は二つに分けられます。

  • トレースフォワード

トレースフォワードとは、トレーサビリティの過程で集めたデータを活用して、製品の製造工程にそって追跡することです。

たとえば、製品を出荷したにもかかわらず最初の工程で問題が発生していたことが判明したら、次の工程以降も問題がないか追跡します。

トレースフォワードでは、リコールや不良品への対応に活用できます。

  • トレースバック

トレースバックはトレースフォワードの逆で、製造工程をさかのぼって追跡することです。問題の起きた工程の前段階を確認していきます。

トレースバックにより、問題発生箇所以外での製造過程上の改善ポイントが見つかる場合もあり、商品品質の向上や安定が見込めます。

トレーサビリティが注目される理由

トレーサビリティが注目されるきっかけは、BSE(狂牛病)問題でした。

健康に関わる食の安全性に疑問が残るようになり、透明化のために管理体制が徹底されました。

トレーサビリティに取り組む企業はデータを可視化しているので、問題が発生しても素早く解決するこができ、被害を最小限に抑えることができます。

また、企業の透明化により信用問題にも関わるので、ブランドイメージの向上にもなります。

トレーサビリティを導入するメリット

続いて、トレーサビリティを導入するメリットについて紹介していきます。

1. 迅速な問題解決につながる

流通の経路を細かく記録しているので、問題が起きた際にすぐに原因を特定することができます。

早期に原因を特定することができれば、問題や被害を最小限に抑えることができ、対処にかかる時間や費用を削減することもできます。

2. 不良品流出を防ぎ、製品の品質改善にもなる

製品の製造時点で識別番号などで詳細に過程を記録することが、不具合の原因特定につながります。早急な問題解決と不良品の流出を防ぐことができ、品質の改善が可能になります。

問題の原因や発生した場所、現場責任者が明確になります。こうした仕組みは、従業員の当事者意識も高め、問題が発生しないように努める主体的な態度にもつながり、。

3. 情報公開が顧客満足度を高め、安心感を持たせることができる

製造工程の管理をしているので、情報を公開すれば企業の透明化をアピールでき、安全性もアピールできます。

トレーサビリティを導入すれば、安全で信頼できる企業のイメージ定着や、顧客満足度の向上が可能になります。

トレーサビリティ導入の課題

トレーサビリティにはさまざまなメリットがありますが、続いては解決すべき問題を紹介していきます。

手間と時間がかかる

トレーサビリティは、たくさんのメリットがありますが、情報の蓄積や企業間・部門間の連携、細かなコミュニケーションなどの体制づくりに時間がかかってしまいます。

ですが、一度体制を構築すれば初期費用をかける価値があります。

構築に関しては、二次元コードや専用端末を利用するなどして、なるべく効率化を図ると手間が省ける可能性があります。

トレーサビリティ導入で、早期問題解決や顧客満足度向上につながる

トレーサビリティは問題の特定や、周辺の問題も一緒に発見できる仕組みです。問題解決のスピードが上がり、再発防止を実現することは消費者の信頼にもつながります。

消費者は見てわかる製品の品質はもちろんのこと、手元に届くまでの工程にも納得して購入したいと考えるようになっています。食品や皮膚に触れるものはもちろんですが、近年では環境保護の意識も高まっています。

こうした顧客心理を踏まえれば、顧客満足度と信頼につながるトレーサビリティのメリットは大きいといえるでしょう。

コロナで落ちた売上をどうにかしたい。手間を掛けずにできる新しい集客とは?

「コロナで売上がガクッと落ちてしまったから新しい集客方法をやらないと…」「自粛で営業時間が頻繁に変わるがネット上の情報が変えられていない…」そんな悩みを「口コミコム」がまとめて解決します!

\7,000店舗以上が導入!詳細はバナーから/

口コミコム - Googleマップからの来店を約2倍に

「口コミコム」とは、当メディア「口コミラボ」を運営する株式会社movが提供する口コミ集客支援ツールです。

「口コミコム」に登録するだけで、主要な地図アプリにお店情報を一括で登録できます。その後の情報管理はもちろん、口コミの分析や返信、投稿写真の監視までが「口コミコム」だけで完結します。

関連するオススメ記事

 

役にたったら
いいね!してください

この記事の筆者

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部

口コミラボ編集部ではMEO対策、ローカルSEO対策、販売促進、店舗の口コミデータをもとにしたコンテンツなどを配信しています。